貴乃花親方、2018年は相撲よりもプライベートに危険信号!?――占星術が示す有名人の仕事運

 こんにちは、占い師・キャリアカウンセラーの早矢です。今回は、日本相撲協会との一連の騒動で脚光を浴びている貴乃花親方の運勢を、仕事中心に占ってみました。

 理事候補選で落選してしまった貴乃花親方ですが、逆襲はあるのでしょうか。

占星術

貴乃花、表の顔は「情熱的で野心家」

 星配置で見たところ、貴乃花親方はどんな人物でしょうか。まず表の場で見せる顔は、情熱的で野心家。プライドが高く、一番であることに価値を見出すタイプです。「周りと自分は違う」「自分はこうありたい」という強い信念を持っています。

 また、出生時間によっては性質のタイプが変わるのですが、昼生まれとするなら内面はかなり神経質で完璧主義。現実的で地道な努力も惜しみません。夢や理想を実現するためにコツコツと努力するひたむきさも持ち合わせています。

 夜生まれの場合は社交性やコミュニケーション能力、カリスマ性が高まりますが、厳しい修行を続けてきたという面から見ると昼生まれなのでは、と感じられます。その場合、非常に現実主義で自分を客観視する冷静さが前面に出くるため、厳しい相撲の世界でトップを飾ったのも、夢に向かってコツコツと努力していけるひたむきさと、大胆な行動力が土台にあったからではないでしょうか、と思われます。

トラブルは2016年から始まっていた?

 現在、さまざまなトラブルやニュースが飛び交っておりますが、彼の星配置上では2016年の星配置が厳しい影響を与えています。

 たとえば2016年1~3月は彼の内面にある変革の星に、天体を運行する星が真正面から刺激を与えているため、今までの状況を根底から覆されるようなトラブルが発生しやすくなっていますし、9~12月あたりも「生き方」や「信念」といった強くご自身を象徴する星に、生と死を司る強烈な星が横やりをいれてきています。

 一般的には大きく環境が変わったり、ご自身が所属しているグループ、または考え方・価値観など生活環境全般がガラリと変わらざるを得ない、そんなトラブルが発生しやすくなります。ネガティブな部分ではやはり暴力沙汰というショッキングな話題が表に出やすい時期です。

 もしかしたら、これまでも水面下でこのような問題が多々あったのかもしれませんが、今回は星の影響により、隠そうとすれば隠すほど、暴かれてしまう……そんな不運な波に飲み込まれてしまったかもしれません。

次ページプレッシャーや息苦しさの中で、どう乗り越えていくかが試される時期が


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は111円台を抜けるも上値の重い展開に

 先週金曜日のドル円は、東京市場では時間外の米10年債利回りの上昇を手掛かりにしたドル買いが入ったほか、5・10日(ゴトー日)とあって仲値にかけての買いも観測され、一時111.00円近辺まで値を上げました。もっとも、米長期金利が低下に転じたこともあって持ち高調整売りが入り、110.80円近… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

石原さとみではなく、あえて一般女性を愛人にしたがる金持ちの言い分

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

キンタロー。の「欅坂46モノマネ炎上」に、テレビの過剰なポリコレ化を見た

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

脱「何を言いたいのかわからない報告書」! 3分でできる読み手に伝わる報告書の極意

清水建二

清水建二

微表情学

叱られているのにヘラヘラしている部下を、さらに怒鳴ってはいけない理由

都市商業研究所

都市商業研究所

三越のライオンが「ねこ」に!?――猫の手も借りたい!デパートで増える「ねこ系アートイベント」

安達 夕

安達 夕

韓国で美男子のヌードを盗撮した女が逮捕。この件にフェミニストがキレて大炎上した理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由