小室哲哉、引退宣言に至ったのは「海王星」のせい?――占星術が示す有名人の仕事運

ストイックさと結果重視な仕事運…オールオアナッシングな人生となりやすい

 仕事においては、仕事の天体・水星と忍耐の天体・土星が近しい場所に位置し、ストイックさや結果を重視するシビアな面もあります。作品を次々と出していった点などがこの天体配置に表れています。  また、生き方の天体・太陽と芸術の天体・金星が近しい場所にあり、このあたりが表現力に繋がっていたのかと思われます。しかし、この2天体には、オールオアナッシング的な極致的な天体・冥王星がハードな角度を形成しており、これが波乱万丈な小室さんの人生に影響を与えています。  さらに輪をかけるように、トラブルの天体・天王星、衝動性の天体・火星、拡がりを表す天体・木星、トラウマの天体・キロン、この4天体もグランドクロスという十字架の星配置を形成し、時に、逆らえないような運命に巻き込める運勢傾向を持っています。  上手く使えれば、徹底的にやり抜く性質から、人智を超えた才能やカリスマ性になりますが、転落も人智を超えたものとなりやすく、最も厳しいオールオアナッシングな人生となりやすい方です。

満月生まれの小室さんは一発逆転も!?

 ここ数年は、海王星という不安定さや、もやもやさせる天体が、小室さんの生き方の天体・太陽、恋愛を表す・金星にハードな角度を形成していました。また、生まれた時間によりますが、私生活を表す天体・月にも影響をしています。海王星がくると、人によっては精神不安定になったり、不倫に走ってしまう天体です。  小室さんは、人付き合いにおいては、柔軟さを発揮するいて座に天体があるため、元々人や環境に合わせるのが得意な反面、海王星の影響も相まって、流されやすく自分軸を失いやすいときでした。そばにいた人の優しさに流されてしまったのも十分にうなずける運勢です。  さらにここ2年半前からは、忍耐の天体・土星がずっといて座に鎮座していたため、体調不良、スランプなど、精神的にはかなりつらかったと思われます。さらに、海王星と2017年から現在において鎮座している天王星の影響により、今回のことが明るみに出たのだと思われます。  2018年の運勢ですが、生まれた時間によっては、不安定さを表す海王星の影響はまだ残るでしょう。しかし、土星のつらい影響は抜けつつあり、徹底さや再生を表す天体・冥王星が、小室さんのヤル気の天体・火星には好配置を取り続けます。  さらに、社会性を表す天体・木星に海王星も好配置を取ることから、社会的な活動のフィールドが拡がってもよい配置です。  先に記したように満月生まれでもあることから、一発逆転も狙える方なのと、トラブルを表す天王星も出生図で利いていることから、今回の騒動をチャンスに変え、可不安定な星はが完全に去れば、数年先には、もう一度復帰も可能かとは思われます。 <文/占い師・早矢> 【占い師・早矢-haya-】 ’03年セラピー関係最大手老舗出版社での、ワークショップ・セラピー講座プログラムディレクターとしてのキャリアと並行して占い師としてデビュー。’07年占いサロン『インスパイア吉祥寺』を開設し、月150人以上にカウンセリングを施す。法政大学にてキャリアデザイン学を体系的に学び、’15年、国家資格キャリアコンサルタント試験合格。現在は、キャリアデザイン学と各種占術を融合させてさまざまな悩み、人生設計のアドバイスをトータル的にカウンセリングする。星を詳細に読み込み、クライアントと同じ目線にてやさしくとことんまでサポートすることがモットー。その傍ら、産経学園にて西洋占星術、タロットの教鞭を執り、テレビ、雑誌、新聞、ラジオなど各メディアでの執筆も数多くこなす。「早矢 占い」で検索を。http://hayafortune.com/
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right