トップダウンで100やらせるのはNG! チームのパフォーマンス向上に必要な合意形成、最後の締め

kasto / PIXTA(ピクスタ)

最後まで「質問」により進行するのがキモ

 会議や対話で、洗い上げ質問、掘り下げ質問、示唆質問、まとめの質問の4つの質問を繰り出していくことで、一定時間内に合意形成できる確度を格段に高めることができます。今回は、示唆質問を繰り出した後(参照:『会議の進行役は解決の方向性を考える必要はない!?』)、まとめの質問で合意形成を実現する方法についてお話しましょう。

 例えば、来年度の業務方針を、メンバーで合意する会議があるとします。方針説明者が方針説明をした後、進行役は、洗い上げ質問により異論や懸念を洗い出し、掘り下げ質問により異論や懸念の深刻度合に応じた優先順位付けをします。そして、最も深刻な問題から、示唆質問により、方向性の示唆をして、異論を唱えた人の合意を取り付ける……というところは前回までに説明いたしました。

「リソースが不足しているからその業務を実施することができない」ということが最も深刻な懸念であれば、「そうであれば、仮に人手の応援が得られれば賛成ですか」と示唆を繰り出して方向性を見極める質問をします。「スケジュールが合わないから出来ない」ということが最も深刻な問題であれば、「もしスケジュールをあらためて調整するということであれば、少なくとも反対しませんか」というように方向性の合意を取り付けるように仕向けます。

 最後のまとめの質問は、会議参加者全員に対して、それでは、「この前提で賛成ということでよろしいですか」「○○が出来るという条件で、方針を実施するということで問題ありませんか」と、最後の賛否も質問により問う方法です。

 最後まで質問により進行することがポイントなのです。「では、こうしましょう」「○○してください」と断定や命令が入ってしまっては、合意形成ができなくなります。あらためて紛糾してしまったり、見せ掛けの合意に陥ってしまったりするからです。

2~3回のプロセスで合意形成は実現できる

 この方式を、演習や実際の企業でのビジネスシーンの中で実施してもらうと、洗い上げ質問で異論や懸念が10出たら、洗い上げ質問、掘り下げ質問、示唆質問、まとめの質問のプロセスを10回回さなければならないのかという心配の声が挙がってくることがあります。

 そういう声を挙げてくれた人には、「実際に4つの質問のスキルを試してみてください」というようにお勧めしています。実際に試してもらうと、洗い上げ質問で異論や懸念が10出されても、4つのプロセスを2~3回まわしたら、全員の合意形成が実現できたという報告をもらうことがほとんどなのです。

 それは、最も深刻な問題からプロセスを回すからです。その点が、出された懸念から順に議論していく方法と大きく異なる、合意度を格段に高めることができるポイントなんです。

 最も深刻な問題の深刻度が70であるとします。参加者1人にとっての懸念度合が70というように捉えてもよいですし、10人のうち7人が深刻に思っているというように捉えてもよいでしょう。そして、2番目に深刻な問題の深刻度が50で、3番目に深刻な問題の深刻度合が30だとしましょう。

 これら3つの問題について合意形成のプロセスを回せば、単純計算で150の合意度ということになります。もちろん人間の気持ちの問題なので、単純計算のようにはいきませんが、上位3つの深刻な問題から議論していけば、2~3回プロセスを回せば、参加者の合意に近づくというイメージは持っていただけることでしょう。

次ページ「そうは言っても、できないよな」


チームを動かすファシリテーションのドリル

「1日1分30日」のセルフトレーニングで、
会議をうまく誘導し、部下のモチベーションを自然にあげられるようになる!

 

この連載の記事一覧

この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

欧米の貿易摩擦は加速するか

先週金曜日(22日)のサマリ 東京市場  ドル円は小動きな展開でした。仲値に向けた買いから小幅に上昇したものの、仲値後には失速し110.00円前後を静かに推移しました。また、日経平均が後場に入ると、260円超安となったものの影響は限定的でした。 ロンドン市場 欧州勢参入後には調整的な円売り… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「紀州のドン・ファン」がハマった、愛人バンクの麻薬的な快楽とは

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

「過労死は自己責任」で炎上の田端信太郎氏にみるグローバルマッチョイズムと、その支持者の“病理”

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

「流暢なプレゼン」に隠された落とし穴。聞き手を飽きさせないために本当に必要なこととは?

清水建二

清水建二

微表情学

表情分析技術が確立される前から、卓越していた仏像の表現力

都市商業研究所

都市商業研究所

大阪の熾烈な百貨店競争に「庶民派百貨店」はどう挑む?――全面リニューアルした「阪神梅田本店」を徹底解剖(2)

MC-icon

MC正社員

ダメリーマン成り上がり道

人気イベントから一転、過渡期に訪れた「どん底」

mitsuhashi

三橋規宏

石橋叩きのネット投資術

なぜ日本の経済学者は富豪や優れた投資家ではないのか?

shiba

志葉玲

ニュース・レジスタンス

病原菌だらけの海、漁船が攻撃され壊滅状態の漁業――パレスチナ自治区ガザ“海の封鎖”が引き起こす現実

kousaka

髙坂勝

たまTSUKI物語

退職者を量産したバー店主が語る。“いまの世の中「サラリーマンから足を洗いたい」と考えるほうがマトモ!?”

安達 夕

安達 夕

韓国の女性団体が上半身を露わに男尊女卑に抗議、しかし思わぬ反応に絶望……。根深い男女差別

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由