今年の新成人は夢がない!?新成人500人に聞いた「日本の未来」

8割近い人が英語力に不安を覚えるも…

 また、グローバル化やAI人材といったテーマも新成人の今後の働き方を考える上で欠かせない。彼らがどのように考えているのか。まず「AI化」について尋ねると、以下のような結果だった。 AI人材「AIに期待している」…13.0% 「やや期待している」…24.2% 「AIにあまり期待していない」…18.6% 「AIに期待していない」…10.8% 「AIに不安がある」「やや不安がある」…48%  AIへの期待値の高さにかかわらず、半数弱の新成人が「AI導入」に対して何らかの不安を抱いているようだ。次に、「グローバル化」について「英語への不安があるか」と質問したところ、以下のような結果が出た。 「不安がある」…41.4% 「不安が少しある」…37.6% 「あまり不安はない」…6.6% 「不安はない」…2.4% 「どちらともいえない」…12.0%  英語力に対して不安を感じている新成人が79%もいる一方で、「グローバル人材になりたいか」という問いには「なりたい」が19.4%、「ややなりたい」が25.6%にとどまり、反対に「なりたくない」が9.4%、「あまりなりたくない」は24.8%で、「どちらともいえない」も31.0%いた。  今回のアンケート調査では、2018年の新成人のさまざまな実態が明らかになった。新成人にはこれから未来に大きく羽ばたいていってもらいたいが、彼らの目に見える現実はまだまだ厳しいようだ。 参照:マクロミル 【調査概要】 ・調査主体:マクロミル ・調査対象:2018年成人式の参加対象となる全国の平成9~10年生まれの男性250名/女性250名(合計500名) ・調査方法:インターネットリサーチ ・調査期間:2017年12月15日~12月17日 <文/ハセベサチコ>
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right