<現役愛人が説く経済学20>愛人の“市場”は世間が思う以上に細分化されている

自分がどの「市場」で売れるかを見定めることは、ビジネスにも通ずる

 こんにちは。東條才子と申します。どこにでもいるアラサーOLですが、「愛人ビジネス」を展開し、現在は4~5名の富裕層とお付き合いをしております。今回は、マーケティングにおける「セグメンテーション」という概念を使い、愛人マーケットで自分という商品を売り込むコツをお届けしましょう。

愛人市場を細分化すれば、おのずと自分の「売り方」は決まってくる

 映画『プリティ・ウーマン』ではありませんが、「お金持ちの男性から寵愛されたい」と思っている女性は、一部に必ずいるものです。一方、「若くてきれいな女性と出会いたい」と願う男性もまた、一定数おられます。

 両者がうまくマッチングすれば「愛人契約」の成立と相成るわけですが、これが難しい。なんの戦略もなしに「飛び込み営業」のようなことをしても、契約は一切取れません。

 この戦略のために必要なのが、「セグメンテーション」です。

 たとえば「男性」全員に同じ商品が売れるかといえば、まったくそんなことはございませんよね。皆が同じものを欲しがる時代は終わりました。今や市場は細分化し、ニーズも人それぞれ、細かなセグメントに分けて営業をかける必要があるのです。

 これを男女関係の市場に当てはめますと、このような図になります。

男女関係の市場

男女関係の市場

 この図は、タテ軸を「男性の年収」、ヨコ軸を「精神的満足度/身体的満足度」として分け、男女関係ビジネスの市場をセグメント化したものです。パッと見ただけで、男性のニーズがさまざまであることが分かります。

「好みの女性と知り合いたい」というニーズひとつとっても、高級クラブでおしゃべりしたい男性もいれば、高級性風俗店で極上のサービスを受けたい男性もいます。また、できるだけ安く、若い女性と知り合いたいという男性の中にも、キャバクラで口説こうとする方もいれば、出会い系サイト(マッチングアプリ含む)に行かれる方もおられます。パパ活サイトにも、こうした男性は一部おられます。

次ページ自分を売り込むのに最適なセグメントはどこか


この連載の記事一覧

この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は下値が堅い

 月曜日のドル円は、東京市場では対ユーロなどでドル安が進んだことに伴い、11時前には一時106.09円近辺まで売りに押されました。もっとも、その後は全般にドルが買い戻されたことで徐々に下値を切り上げる展開になりました。日経平均株価が引けにかけて430円超高まで上げ幅を広げたことも相場の支え… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

年収はそう高くないけど愛人成約率抜群な「市場」とは?

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

若者の「節分離れ」は、恵方巻きのブラックノルマが原因である

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

武神健之

武神健之

ブラック化する日本企業への処方箋

外資系産業医が明かす、今年も「過労死のニュース」がなくならない原因

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

いつまで経ってもスケジュールが決まらない!? 無駄なメールの応報を減らす鍵とは?

清水建二

清水建二

微表情学

ヤンキーが暴力を振るうのは、他者の表情を読み取れていないからである

都市商業研究所

都市商業研究所

JR九州「全路線で減便」の衝撃――深刻な赤字の鉄道事業、対応迫られる沿線自治体

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

結婚にメリットがないことが遂に科学的に証明される 研究者「既婚者のほうが孤独でストレス値が高い」

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

大熊将八

大熊将八

ビジネスニュースの深層

『秘密結社 鷹の爪』DLE、急成長のウラに隠された決算上の疑念とは?

島影真奈美

島影真奈美

仕事に効く時代小説

おんな城主・井伊直虎を育てた師の重~い箴言

江藤貴紀

江藤貴紀

ニュースの事情

中高一貫私立でレベル無視して「検定外」教科書がもてはやされる背景

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由