女性への人命救助は、セクハラになるのか否か? 男性を迷わす境界線とは

安達夕
人命救助

緊急時にやむを得ず体を触ってしまうこともあろうが、後に訴えられるリスクを考え躊躇する気持ちも理解できよう

 昨年12月、ツイッターで意識を失った女性へのAED(自動体外式除細動器)使用に関する「デマ」が拡散された。

 デマの内容は、ある会社で行ったアンケートで、「多くの女性社員がAEDを男性に使われた場合『セクハラで訴える』と答えた」というもの。

 またそのような背景から、その会社では「女性社員が倒れていたときの救助活動一切を女性にさせ、男性しかいないときには女性スタッフを呼び出すか、契約書に本人の署名をしてもらってから救助する」という「規約」まで存在する、というような投稿だった。

 通常、AEDを使用する際には、服を脱がせて両胸の肌に直接パッドをあてる必要がある。

 この投稿は1万回以上もリツイート(拡散)されるなど大きな注目を集め、議論を呼んだ。ツイッターやネット掲示板には、「確かにこれは難しい問題だ…」「訴えられるくらいなら、何もしない方がマシ」「命の危機にそんなことを気にする女性は、救助する必要ないのでは」との意見まで出ることになった。

 しかし、実はこの投稿は、注目を集めたいがために作り上げた真っ赤な嘘。後日、デマを発信したユーザーは謝罪し、反省の意を述べている。

 弁護士によると、「罪に問われることはない」ようだ。しかしインターネット上では、「このデマツイートによって、今後女性の救助をためらう男性が増えるのでは」といった懸念が広がっている。

 同じような問題は、同じく昨年12月21日に韓国中部の忠清北道堤川(チェチョン)市で起きた、8階建てのスポーツセンターでビル火災でも起きた。

 この建物は、サウナやスポーツジム、レストランなどが入った商業ビルで、午後4時ごろに1階の駐車場で出火し、瞬く間に炎が燃え広がったという。

 報道によると、この火事によって29人の死亡が確認され、39人が負傷。(参照:nocutnews

 多数の死者を出した被害拡大の背景には、死者29人のうち20人が女性のサウナ利用客で、浴場の外からしか避難を促されなかったことにより、逃げ遅れた可能性があると指摘されている。

 韓国の消防関係者によると、火災を真っ先に知った建物のオーナーは、男湯やジムの利用客に避難するよう直接呼びかけたが、2階の女子浴場には駆け込まず、外から避難するように叫んだだけだと供述しているという。

次のページ 
「女湯かどうかなんて気にしてる場合か」と批判殺到

1
2
4
5
関連記事
6
7