勝ち続ける個人投資家はここが違う! ――割安株の見極め方

 名だたる億超え投資家たちも一目おく凄腕投資家として知られる、横這勝利氏。爆上げ銘柄やTOB銘柄を次々的中させ、資産は激増。昨年15億円を突破した。どうやってここまで上り詰め、今、どんな銘柄に注目しているか。取材班がむりやり聞き出した。

四季報

横這氏は四季報のほぼすべてを揃えている。まずは過去数年分を見て、「業績は伸びているか」をチェック

過去数年分の業績を見て、「成長しているか」をチェック

 今では株式投資の必須ツールとなったツイッター。しかし、横這氏はそれに苦言を呈する。

「ツイッターで銘柄が書かれれば急騰することも多いですよね。そうなると、今ついている株価って本当かどうか、適正なのか、誰もわからなくなってしまう。決算だって、どんなによくても下がるし、悪くても意外と下がらないこともある。これでは、何を信じていいのかわからない。でも、唯一信じられるのが『割安性』。特にPBRです」

 さまざまな指標があるなか、なぜPBRを拠りどころとしているのか?

「それはPBRの定義そのもので、理論上、株価はPBR1倍を下回らないから。また、業績がよくて純資産をしっかり持っているということは、経営に体力があるということも意味します。いろいろあるけれど、シンプルにPBRを見ればいいと思います」

 業績を見る際、横這氏は過去20年分をチェックするという。

「最新の『四季報』だと過去5年分ほどの業績を見ることができますが、まずは大雑把に“業績は伸びているか”を見ます。例えば美樹工業は売上高もすべての利益も年々増加しています。このような企業なら、“今後も安定経営が見込まれるだろう”と予想できます

 ただし、美樹工業の’18年12月期予想は減収減益予想となっている。

《美樹工業の業績の推移(単位:百万円)》
純利益は年々増加している! 中間決算までの進捗率などもチェック!
業績   売上高 営業利益 経常利益 純利益
’12年12月期   25,651 1,164   1,149  406
’13年12月期   29,577 1,227   1,197  503
’14年12月期   30,276 1,339   1,295  531
’15年12月期   30,531 2,003   2,008  1,074
’16年12月期   31,436 2,033   2,038  1,273
’17年12月期   31,948 1,896   1,891  1,305
’18年12月期予想 31,000 1,700   1,700  1,000

「この場合、中間決算を見て、1年間の予想の半分まで達成しているか、『進捗率』をチェックすべき。また、業種によっては下期に売り上げや利益が大きく乗ってくるケースもありますから、1年前、2年前はどうだったのかまで調べるとよりいいでしょう」

 また、過去数年の業績を見る際、数年に一度赤字を出していないかもチェックしたい。赤字があるようだと、業績見通しが甘く、安定経営ができていない証拠だからだ。

「過去を見れば、未来がわかる。企業の考え方もわかる。誰しも、人生3秒後に何が起きるかはわかりませんが、企業業績を分析して、過去から未来を見ることが重要なんです」

次のページ 
割安株投資のポイントと推奨銘柄へ

1
2
4
5
関連記事
6
7