<現役愛人が説く経済学17>「安心マーケティング」で月額15万円を確保した話

愛人がよくやる勘違い「競合他社を匂わせる」

 私からすれば、愛人ピラミッドの「中間層」である年収2000万円の40代に、3日に1度しか返信しかせず、かつ出会って2回目で他の男性の影を匂わせ、「ライバル心を煽るマーケティング」は逆効果です。  焦らして不安を煽っても、そこまでの資金がない男性は 「いやいや、俺、そんなにお金ないし。何千万円も貢がれたいなら、もっと『上』の男性と付き合えばいいだろ」  と、興ざめなさるでしょう。  彼には、「ライバル心」ではなく「安心感」を持っていただく率直なプレゼンが効果的なのです。私は、他の男性との取引はおくびにも出さず、「あなたしかいない、純粋な女性像」を提供いたしました。  LINEに即レス、24時間365日メールサポート、さらに「愛情表現の多用」を心がけたのは、「あなたしか交際相手がいない」を演出するため。お互いサラリーマンで生活スタイルが似ているので、LINEをする時間帯が重なったのは幸運でした。  こうして「即レスの安心感マーケティング」を提供した結果、出会って2ヶ月で、毎月15万円の契約を確保できたのです。たとえ少額のお取引でも、私は逃しません。  彼とは長期の取引になりますから、年間170万円超の利益が期待できるわけです。ありがたいことでございます。「焦らし」など小手先のテクニックを使わない方が、愛人契約に繋がる事例のご紹介でした。 <文・東條才子>
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right