国民的アニメのパロディ「ドザえもん展」と沖縄基地問題ーーアーティスト岡本光博が表現する世界とは?

「伊計島自治会長の2度の反対に」

2つの大きなトピックを抱えた展覧会のはざまで作家本人は今何を考えて、何を思っているのか。話を聞いた。

落米のおそれあり02

『落米のおそれあり』2017

――『落米のおそれあり』は、もともと岡本さんが沖縄に住んでいた2004年の沖縄国際大学へのヘリコプター墜落事故を受けて制作され、沖縄で発表された作品ですが、これを伊計島で再制作された動機は何ですか?

岡本:今回の作品は伊計島共同スーパー(地域住民が共同で出資して運営されている)のシャッターに描きました。当初の案では、沖縄を拠点に活動しているアーティスト石垣克子さんとのコラボレーションを考えていました。砕石が進み、近い将来岩肌が露出して行く宮城島の岸壁を、伊計島から臨む様子を描いた石垣さんの作品の隣に、マシンガンをぶっ放しているミッキーマウスをバンクシー風に描いた作品『Miyagijima Machingun』を発表するつもりでいました。大きな力によって島の風景を壊されて行く様子が作品を通して見えてくるプランです。

この案で話が進んでいたのですが、伊計島の自治会長に「戦争を想起させる」という理由で却下されてしまいました。仕方なく再検討して、自分が2004年から数年間、沖縄に住んでいた頃と比べると、伊計島の上空に軍用機の数が明らかに多いことを感じました。それに10月11日の沖縄県北部の東村に米軍機CH53型ヘリコプターが墜落したニュースを受けて『落米のおそれあり』をあそこに描くことにしました。過去に発表した作品ではありますが、新しい意味が付加されたと思っています。

島の多くの人が利用するスーパーですので、制作中に地元に暮らすたくさんの方々とお話しする機会があり、「オスプレイもかき加えたらいいよ」と言葉をかけてくださる方もおられたり、おおむね好評な印象でした。結果的には報道されている通り、再び地元の自治会長の反対によってベニヤ板で隠されてしまったのは残念です。

「作品の印刷を業者に断られたことも」

――岡本さんの作品は美術業界において「ずっこけユーモア」といったように冷笑的に扱われることも少なくないですが、そういった軽薄な側面を持ちつつ、非常に繊細な題材にユーモアを交えて様々な議論を巻き起こす作品に魅力を感じている鑑賞者も多くいることだと思います。今回の一件で起こった議論について感じていることがあれば教えてください。

岡本:米軍基地容認派の方々などからの短絡的な反応も少なくありませんが、今回は特に朝日新聞の記者の方が、実際に作品が封印されて見えなくなるまで密着してくださるなど今、考えるべき「地域アート」の問題として、議論がなされている印象です。沖縄で起きているさまざまな問題を、本土からやってきた私が発表することに沖縄で暮らしている方々には思うところがあることも理解していて、その上で地元の作家や関係者、住民の皆さん方とコミュニケーションをとりながら制作しました。

赤絨毯

『赤絨毯』2006

――「THE ドザえもん展 TOKYO 2017」についてお伺いします。タイトルから、この展覧会は現代美術作家が多数出品していて同会期に森アーツセンターギャラリーで行なわれている、現代美術作家によるドラえもんをモチーフにした作品を出品している展覧会「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」を意識した展示であることが伺えます。展覧会にかける思いをお聞かせください。

岡本:『ドザえもん』は私の大学院修了制作で発表した比較的古い作品です。「ドラえもん展」が開催されるこの機会にぜひ東京で見せたいと思い、会場となるeitoeikoオーナーの癸生川さんと相談して実現しました。

作家として長年にわたって活動している中で、近年、特に表現に関わる規制が強まっているのを肌で感じます。例えば私がパロディ的に用いたイメージを理由に印刷業者に出力を断られる、といったこともありました。

著作権は当然大切なものではありますが「ドラえもん」のように一般大衆に深く溶け込んでいるイメージについてはパブリックに返してゆく必要性があるように思っていて、そういった問題提起も含んでいます。ちなみに現在まで「ドラえもん」の権利者からの申し立ては来ていません。

岡本光博氏

「THE ドザえもん展 TOKYO 2017」出品作品と作者の岡本光博氏

<取材・文/宮原ジェフリー>


岡本光博「THEドザえもん展 TOKYO 2017」
2017年12月2日(土)~12月23日(土・祝)
会場:東京都新宿区矢来町32-2 「神楽坂eitoeiko
時間:12:00~19:00(日、月曜休廊)

この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は買い戻しが優勢で107円前半まで上昇

昨日のドル円は、東京市場では米国の3連休明けの5・10日(ゴトー日)とあって仲値にかけて買いが先行しました。仲値後は日経平均株価の下落などが重しとなったことで伸び悩む場面もありましたが、一方で下値では本邦勢からの買いが観測されるなか、次第に下値を切り上げる底堅い動きになりました。全般にドル… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

年収はそう高くないけど愛人成約率抜群な「市場」とは?

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

若者の「節分離れ」は、恵方巻きのブラックノルマが原因である

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

武神健之

武神健之

ブラック化する日本企業への処方箋

外資系産業医が明かす、今年も「過労死のニュース」がなくならない原因

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

いつまで経ってもスケジュールが決まらない!? 無駄なメールの応報を減らす鍵とは?

清水建二

清水建二

微表情学

ヤンキーが暴力を振るうのは、他者の表情を読み取れていないからである

都市商業研究所

都市商業研究所

JR九州「全路線で減便」の衝撃――深刻な赤字の鉄道事業、対応迫られる沿線自治体

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

結婚にメリットがないことが遂に科学的に証明される 研究者「既婚者のほうが孤独でストレス値が高い」

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

大熊将八

大熊将八

ビジネスニュースの深層

『秘密結社 鷹の爪』DLE、急成長のウラに隠された決算上の疑念とは?

島影真奈美

島影真奈美

仕事に効く時代小説

おんな城主・井伊直虎を育てた師の重~い箴言

江藤貴紀

江藤貴紀

ニュースの事情

中高一貫私立でレベル無視して「検定外」教科書がもてはやされる背景

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由