アルゼンチン海軍、潜水艦サンフアンからの最後のメッセージを隠蔽していたことが発覚

白石和幸

via 「canal America 24」

 消息を絶っているアルゼンチン潜水艦ARAサンフアンの捜査は、日本も含めた18か国が協力して進めている。

 そして、このサンフアンについて、アルゼンチンのメディアで新たな問題が浮上している。それは、アルゼンチン海軍がサンフアンから15日に受信していた最後のメッセージを隠蔽していたことである。すなわち、消息を絶った15日以来、27日にTVネットワークの『Canal America24』がこのメッセージが存在していたことを突如公開するまでの12日間、海軍はサンフアンから如何なるメッセージも受信していなと発表していたのである。アグアッ国防相も、ましてや軍隊の最高指揮権を持つマクリ大統領でさえもこの存在を知らされていなかったということになる。(参照:「La Capital」)

だんまりを決め込んでいたアルゼンチン海軍

 海軍のキャプテン、エンリケ・バルビ報道官が最初に声明を発表したのは17日の午前9時であった。この声明の中で、バルビ報道官は消息を絶ったサンフアンについて、その後の動向はまったくわからないと述べていた。そのうえ、15日にサンフアンから最後のメッセージが届いていたことも公表しなかった。

 しかし、15日にサンフアンから送られたメッセージの内容や、22日に包括的核実験禁止条約機構(CTBTO)からサンフアンが通過したと思われる航路で爆発音が傍受されたという事実から推測すれば、サンフアンが爆発したという可能性が強くなっていたことは海軍で理解していたはずである。しかし、その時点でもバルビ報道官の口からは一切それに関係したことへの示唆はなかったのである。

 22日に爆発音があったということが公となった時点で、海軍はそれまで隠蔽していたサンフアンからのメッセージを同時に敢えて公表すると、「何故それを今まで公表しなかったのか」と、政府そして報道メディアから非難されるようになると判断したのであろう。海軍はそれを隠せるまで隠し通そうと決めたようである。

 しかし、それが適時にバルビ報道官によって発表されていれば、その後の捜査の手順ももっと効率的なものになっていたであろうし、また44名の乗組員の家族にも余計な期待を持たせずに済んでいたかもしれない。

サンフアンからの「最後のメッセージ」

 サンフアンから最後に発信したメッセージは以下の内容であった。

 メッセージが「SITREP NRO1」で始まっている。海軍の安全保障についての専門家であるキャプテンのマルセロ・コベジによれば、「SITREP」は何か危険なことが発生したことを知らせる略語だという。そして、それがサンフアンからのものである証拠は、その右隣に(SUSJ)、すなわち「SUbmarino San Jan」と記載されていることからも明らかだとしている。(参照:「Perfil」)

次のページ 
やはりバッテリーのトラブルだった!

1
2
4
5
関連記事
6
7