1ドル札はなんであんなにクシャクシャなのが多いのか? 米通貨の知らなくてもいい知識

世界でもっとも流通している米ドルの、知られざる扱われ方

 世界で最も有名な通貨である「アメリカドル」。日本では、その紙幣に対する都市伝説が囁かれ、テレビなどでも様々な陰謀論が紹介されているが、今回はそんなアメリカドルの都市伝説でも陰謀論でもない、現地で使用する際に直面するリアルな実態をいくつか紹介しよう。

(1) 1ドル紙幣
 ドル紙幣の中でも最も都市伝説が多いとされる1ドル札。アメリカは、言わずと知れた「カード社会」だが、それと同時に「チップ社会」でもあるため、この1ドル札は日常生活で使用される機会も最も多い。

 その流通枚数、約107億枚。また、平均寿命は5.8年と、価値は違えど、日本紙幣の中で最も使用頻度の高い千円札の寿命1~2年をはるかに上回る長寿紙幣である。

 チップは、さっと出して渡すのがスマートだとされているため、現地で暮らす人のポケットには、5.8年分の落書きや汚れをまとったクシャクシャな1ドル札が詰め込まれているのだが、中には、もはや「クシャクシャ」という音もしないほど「クタクタ」なものまでが現役で活躍する。

 度々ポケットから抜き忘れられては、衣服と一緒に洗濯機・乾燥機に放り込まれ、正真正銘の“マネーロンダリング”が行われるのだが、まあ、これほど汚ければ、たまに洗濯されるのもいいと個人的には思うところでもある。

 そんな目下活躍中の現役紙幣とは対照的に、渡米前、日本の銀行で両替すると出てくるのは、ご丁寧にも厚紙封筒に入れられた、シワひとつない新札だ。旅行前ということも手伝って、あのパリパリ感とインクの匂いに、心なしかテンションが上がるところ、筆者は毎度こういった新札を見つけるたびにあえて手で握りつぶし、クシャクシャにしてしまう。

 その理由は2つある。1つ目は、勘定がしやすくなる点だ。

 紙幣の表面が日本のそれよりも若干ザラついているせいか、ドルの新札はとにかく数えにくい。特に旅行者の場合、慣れない海外で慌ててお金を出すとなると、なおさら勘定に手間取るため、会計前にできる準備として「クシャクシャ作戦」はある程度効果的だといえる。

 2つ目は、新札が現地で偽札だと疑われやすいことにある。

 先述通り、現地で暮らす人にとって、紙幣は「クタクタ」が一般的。新札を受け取ることは、観光地でない限り稀なことなのだ。

 彼らは、新札を出されると光にかざしてみたり、特殊なペンで反応を調べてみたり、時には機械に通してみたりと、日本では「神」とも崇められる客を真っ向から疑ってかかる。

 以前、筆者が大手コーヒーチェーンで新札の10ドル札を店員に渡したところ、隣の店員に目で合図を送り、顔の表情だけで会話された挙句、彼らの持ち合わせる偽札対策を目の前で施され、気分は完全に“コーヒー待ちの冤罪被害者”だった。

 偽札対策の観点から言うと、特に疑われやすいのが高額紙幣だ。

 1か月ほど前、日本でも極めて精巧に作られた偽100ドル札が出回ったことで騒ぎになったが、こうした偽札を受け取らない対策として、アメリカには100ドル札や50ドル札を受け取らない店が未だ少なからず存在する。

 現在、世に存在する100ドル札の3分の2が、アメリカ国外で流通しているという実情もあり、新札の高額紙幣を外国人から受け取るのは、彼らにとってはリスキーなことでしかないのだ。

次ページ幻の2ドル紙幣、なきものとして扱われる小銭


この連載の記事一覧

この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は、一時109円台を上抜ける展開に

 昨日のドル円は、東京市場では米金利上昇を手掛かりに昨日の海外時間からドル買いが加速した流れを引き継ぎ、一時108.86円近辺まで値を上げました。もっとも、米10年債利回りの上昇が一服していることを受けて、ドル円も伸び悩み、108.80円前後をもみ合う展開になりました。欧米市場では、米10… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

新潟県知事の失敗は、愛人市場の最下層に手を出したこと

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

新年度ゆえのストレス。「気持ちの切り替え」はこんな視点でやってみよう

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由