国友やすゆき、引退を決意? 男の欲望を描き続けたその作風とは

『JUNK BOY』『100億の男』『幸せの時間』など、これまで数々のヒット漫画を生み出してきた、国友やすゆき。なぜ彼の漫画はサラリーマンに愛されるのか? 「ハーバービジネスオンライン」にて国友やすゆき氏本人へのロングインタビューも行った、ライターの真実一郎氏がその作風と、本質に迫る。今こそ読むべき、国友漫画の魅力とは?

ダブル

国友やすゆき『ダブル~背徳の隣人~⑥』(日本文芸社刊)

 あなたが自分を「中年」だと自覚できる年齢の男なら、これまでに国友やすゆきの漫画を一度は読んだことがあるはずだ。1980年代の半ばから現在に至るまで30年以上もの間、国友は主にサラリーマンを主人公とした作品を大量に描き続けてきた。青年漫画誌で、あるいはオヤジ週刊誌で。そのうちのいくつかはスマッシュヒットとなり、アニメ化やドラマ化までされている。

国友やすゆきとは何だったのか

 そんな国友が、現在「週刊ポスト」に連載中の『愛にチェックイン』を最後に、筆を置くという。御年64歳。サラリーマンだったら現役を引退する年齢なので、不思議な話ではないだろう。存在することが当たり前だと思っていた国友やすゆきの連載を、もう読めなくなる未来がそこまで来ている。

 結局、国友やすゆきとは何だったのか。まるで読み捨てられる流行小説のように、誰もが読んでいたのに、誰もがその作家性を語らない。しかし、読み捨てられる流行小説のように、我々中年男の青春期から現在に至る過去30年の節目節目に、国友の漫画は栞のように確実に挟まっている。この機会に、改めて国友の軌跡を読み解いてみたい。

『JUNK BOY』が映し出すバブルの煌き

 1953年生まれの国友は、早稲田大学の漫画研究会で本格的に漫画を描き始めている。漫画研究会の先輩には『島耕作』シリーズで知られる弘兼憲史がいるけれど、大学時代は学年が離れていたため、交流はほとんどなかったという。1947年生まれの弘兼は、いわゆる「団塊の世代」であり、その作風に同世代感覚が色濃く反映されているけれど、その後の「しらけ世代」である国友には、そうした世代的なこだわりはほとんど見られない。

 大学卒業と前後して「少年ジャンプ」編集部に出入りするようになり、売れる漫画の描き方を徹底的に叩き込まれた国友。しかしヒット作には恵まれず、いつしか原作付きの漫画を流れ作業のように描くだけになっていた。画風も古臭い少年劇画タッチで、その多くは単行本化されていない。

 20代を長い低迷期として過ごした後に、国友は突然覚醒する。江口寿史の大ヒット作『ストップ!!ひばりくん!』のポップな絵に衝撃を受け、自らに江口を憑依させて大胆に画風を転換したのだ。そして『JUNK BOY』の連載を始める。出版社を舞台とした破天荒な新入社員の活躍を描くという、担当編集者が持ちかけたコンセプトを、国友は江口寿史タッチでスマート、かつエロく描き切り、一気に人気漫画家の仲間入りを果たす。

『JUNK BOY』が連載されたのは1985年から1990年という、まさにバブルの黎明期から絶頂期に重なる。華やかで自由なマスメディアの職場、活気あふれる大都会東京、今ではありえないセクハラの数々。遊ぶように働くことがイメージできた時代の、ギラギラと迸る欲望が、今読んでも紙面から立ちのぼってくる。

 主人公は最終回で新興メディア企業の社長になるけれど、それでも飽き足らずにアメリカに進出していく。国境を越えて肥大化する自我は、まさにジャパン・アズ・ナンバーワンといわれた当時の日本そのものだった。

次ページポストバブルの諸問題を予見した『100億の男』


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円はこう着状態継続か

東京市場 前日のNY市場でパウエルFRB議長が「緩やかな利上げを継続する根拠が強い」と述べたことを受けて、日経平均が上昇したことを切っ掛けにドル円は一時110.76円近辺まで強含みました。 ロンドン市場 欧州勢参入後には円売りが一巡したことでドル円は110.11円近辺まで反落しました。また… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「紀州のドン・ファン」がハマった、愛人バンクの麻薬的な快楽とは

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

「過労死は自己責任」で炎上の田端信太郎氏にみるグローバルマッチョイズムと、その支持者の“病理”

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

「流暢なプレゼン」に隠された落とし穴。聞き手を飽きさせないために本当に必要なこととは?

清水建二

清水建二

微表情学

表情分析技術が確立される前から、卓越していた仏像の表現力

都市商業研究所

都市商業研究所

大阪の熾烈な百貨店競争に「庶民派百貨店」はどう挑む?――全面リニューアルした「阪神梅田本店」を徹底解剖(2)

MC-icon

MC正社員

ダメリーマン成り上がり道

人気イベントから一転、過渡期に訪れた「どん底」

mitsuhashi

三橋規宏

石橋叩きのネット投資術

なぜ日本の経済学者は富豪や優れた投資家ではないのか?

shiba

志葉玲

ニュース・レジスタンス

病原菌だらけの海、漁船が攻撃され壊滅状態の漁業――パレスチナ自治区ガザ“海の封鎖”が引き起こす現実

kousaka

髙坂勝

たまTSUKI物語

退職者を量産したバー店主が語る。“いまの世の中「サラリーマンから足を洗いたい」と考えるほうがマトモ!?”

安達 夕

安達 夕

韓国の女性団体が上半身を露わに男尊女卑に抗議、しかし思わぬ反応に絶望……。根深い男女差別

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由