たったの20ドルで合鍵を作成してくれるアメリカの自販機「KeyMe」を利用してみた

24時間営業の店に置かれている、合鍵の自動販売機「KeyMe」(ニューヨーク)

 昨今、AI化やIoT化が叫ばれて久しい。我々の生活をより豊かなものにするべく、多種多様な企業が業界の垣根を越え、日常のありとあらゆるモノをインターネットで繋げようとしている。しかし、こうした急速な「近未来」への動きに、消費者の知識が追い付いていなかったり、現今のニーズが置き去りにされていたりしていると感じることもしばしばだ。

 そんな中、「アナログ」と「超デジタル」の隙間をついたサービスを展開し、急成長を遂げているアメリカのベンチャー企業がある。それが合鍵作製の自動販売機型キオスクを運営する「KeyMe」だ。

いつでも合鍵作成、登録すれば指紋でも

 生体認証型ロックの開発が脚光を浴びる一方、世間一般がカバンにしのばせているのは、依然として“鍵型の鍵”。そんな時代と時代のニッチ(隙間)に需要を見込んだ同社は、2012年から「鍵の自動販売機」とIoTを組み合わせたサービスを勢い強く売り出しており、アメリカの各有力紙からも度々そのアイデアが絶賛されている。

 この「KeyMe」が展開する、キオスク型自動販売機(以下「自販機」)には、大きく分けて2つの特徴がある。

 1つは、自分で合鍵が作れることだ。

 たまたま自分用とドアマン用の合鍵を作らねばならなかった筆者は、自宅近くで見つけた自販機で作製してみることにした。

 複製したい鍵を挿入口に差し込み、購入本数を選択。安い真鍮製のものだと1本3ドル(約340円)程度で作製が可能だ。柄や模様が付いたもの、さらには持ち手部分が栓抜きになっている鍵などもあった。

鍵を挿入すると認識され、作成が開始する

 余談だが、「2本買うと1本無料」という、アメリカでは大定番の売り込み方法が合鍵業界にも存在することに苦笑いすると、なぜかあいにくその余計な1本を“渡せる相手”がいないことを思い知らされ、人知れず一時打ちひしがれる。

 クレジットカードを通すと、大きな音とともに合鍵の作製がスタート。その間、メールアドレスの入力や指紋認証をして待つのだが、時間にしてわずか1本30秒弱。あっという間に合鍵ができあがった。

筆者が自販機で作成した合鍵

 あまりの容易さゆえ不安になり、自宅へ戻ってすぐに作動確認したが、鍵は鍵穴につかえることもなくしっかり挿入でき、ドアも問題なく開いた。

 しかし、この自販機がすごいのは、「セルフサービスの合鍵作製」機能ではない。2つ目の特徴として挙げられる「アナログ鍵のIoT化」にこそ、この機械の存在意義がある。

 方法は2通り。自販機に鍵と指紋を登録しておくか、スマートフォンのカメラで撮影した鍵を、専用のアプリに保存しておく。そうすることで、万が一鍵をなくしたり、屋内への鍵の閉じ込め、いわゆる「インロック」をしてしまったりした場合でも、最寄りの自販機で指紋認証やメールアドレスの入力をすれば、すぐに合鍵が作れるのだ。

 このアプリに鍵を登録しておくと、例えばスマートフォンや財布を持たずに「手ぶらでインロック」してしまっても、指紋1つで合鍵が作れる。また、家族やルームメイトなど、信頼できる人同士で同じ鍵をアプリ上でシェアすることもできるため、同居人の誰かが鍵をなくした時や、出張先から誰かに家へ入ってもらわねばならない用事ができた時などにも簡単に合鍵を渡すことができる。

 通常、緊急で「鍵屋」を呼び、開錠を依頼した場合、ニューヨークだと平均200ドル(約22,600円)ほどかかるが、このアプリ経由での合鍵を作製した場合、なんと20ドル(約2,260円)程度で済む。アプリへの鍵の登録は何本でも無料だ。

次ページクラウド上で、鍵と個人情報はリンクされない


この連載の記事一覧

この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は堅調

 昨日のドル円は、東京市場では先週末の米中通商協議で米国が中国への関税措置を保留したことを受け、ドル買いが進み一時111.06円近辺まで値を上げました。ドル買いの一巡後は利食い売りから一時110.95円近辺まで値を落としましたが、下値は限定的となりました。その後は、日経平均株価の120円超… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

石原さとみではなく、あえて一般女性を愛人にしたがる金持ちの言い分

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

キンタロー。の「欅坂46モノマネ炎上」に、テレビの過剰なポリコレ化を見た

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

脱「何を言いたいのかわからない報告書」! 3分でできる読み手に伝わる報告書の極意

清水建二

清水建二

微表情学

叱られているのにヘラヘラしている部下を、さらに怒鳴ってはいけない理由

都市商業研究所

都市商業研究所

三越のライオンが「ねこ」に!?――猫の手も借りたい!デパートで増える「ねこ系アートイベント」

安達 夕

安達 夕

韓国で美男子のヌードを盗撮した女が逮捕。この件にフェミニストがキレて大炎上した理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由