2020年以降にAIによる偽造現実やフェイクコンテンツが急増する……米ガートナーが警鐘

Photo by Gartner

「2020年、人工知能の偽モノのコンテンツ制作する能力は、人工知能がそれを見抜く能力を凌駕しデジタルへの不信を助長するだろう」

 IT市場調査企業・ガートナーは10月2日、米フロリダ州オーランドで開催されたシンポジウムで「2018年以降に注目すべき10大デジタル主要展望」を発表した。ガートナーの最高研究責任者ダリル・プラマー総括副社長は「技術に基づいた革新は大多数の企業が追いつくことができないほど急速に到来している。ひとつの革新が実現する前に、新しい技術ふたつが登場する」と指摘した。

 発表された主要展望のうち、いくつか重要なテーマがあった。まず、2020年に人工知能が作った「偽造現実」またはフェイクコンテンツが配布されるだろうと予測したのだ。過去30年間に、コンテンツ配布の統制が微々たる水準にとどまったのに対し、多くの人々がインターネットを利用して改変したコンテンツを配布するボリュームが増えた。次のステップは、機械がその役割を果たすというものだ。

 プラマー副社長は「フェイクコンテンツを人間よりも速く識別し、追跡することができる人工知能が偽造現実を最もよく見破る。しかし、残念ながら、最近ではAIを活用した偽コンテンツの制作が加速しており、人工知能を活用した偽コンテンツの把握が相対的に遅れているのが実情だ」と語った。そして2022年になれば、人々が実際の情報よりも多くの虚偽情報を消費するかもしれないと警告した。

 「AI利用したフェイク映像実験」や、動画に映る人物を入れ替える「CycleGAN」という技術はすでに各メディアで報じられているが、今後、AIによるフェイクコンテンツの流通が増えていくのだろうか。

次ページAIは新たな雇用も生む


この連載の記事一覧

この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル全面高の地合いに沿って、ドル円は強含みの展開に

 先週金曜日のドル円は、東京市場では週末の5・10日(ゴトー日)とあって仲値にかけて買いが強まり、市場では「海外勢から買いが観測された」との指摘があったうえ、100円超下落して始まった日経平均株価が持ち直したことも支えとなり、一時107.73円近辺まで上値を伸ばしました。もっとも、日経平均… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「お金持ちに見初められ、体を差し出せば愛人になれる」は大間違い

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

深夜便での海外出張は、深夜残業にあたるか?!

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由