もはや電気ショックの罰ゲーム!? ドイツ発の秘密兵器を使った最新エクササイズがヤバかった

HBO取材班

「わずか20分の運動で700キロものカロリーが消費できる」――。そんな効果を謳ったエクササイズスタジオが都内に登場した。

 700kcal消費する運動とはどのようなものか? 階段をランニングで上がるのは、身体活動の強度を表す単位であるメッツでは15メッツとされている(参照:独立行政法人 国立健康・栄養研究所:『身体活動のメッツ(METs)表』)。

 消費カロリーはこのメッツに1.05と体重、そして運動時間をかけた数値になるので、仮に700kcal消費するとなれば65kgの男性で約40分ほど階段をランニングペースで駆け上がって到達する数値である。

 ちなみに、先述のメッツ表によれば、時速20.9kmでランニングした時(普通の人ならダッシュしてるくらいのペース)でさえ19.8メッツなので、700kcalに到達するためには約30分ほど必要となる。700kcalを20分で消費するとなると、約30メッツ近い強度が必要なのであるが、先述のメッツ表にはそのような運動は書かれていない。(※すべて65kgの男性としての数値)

 いくらなんでもあり得ないだろ……。

エクササイズ01

photo by acworks

 果たしてその最新エクササイズとはいかなるものなのか? もともと痩せ型ではあるものの、20代も終わりに近づき下腹がぽっこり出てきたアラサー記者Iが、10月20日にオープンしたばかりのスタジオ「Evolv(エヴォルヴ)」を訪問。最新のEMSを活用したワークアウトを体験させてもらった。

ドイツが開発したボディースーツ

 EMSとは「Electric Muscle Stimulation」の略称で、電気刺激によって直接筋肉を動かすテクノロジー。ざっくり言ってしまえば、かつて「内村プロデュース」(テレ朝系)などで芸人が罰ゲームに受けていた、ビリビリ低周波のようなものだが、かつてはブルース・リーも注目していたという技術だ。
 これをドイツの研究チームが、全身16か所の筋肉を刺激できるボディースーツ「VISION BODY」として開発。当初はアスリートのリハビリなど医療シーンで活用されてきた技術が、トレーニング用に応用されたことで注目を集め、今や欧米・ドバイなどではハリウッドセレブやトップアスリートが実践する最先端エクササイズグッズとして人気を集めている。

 さっそく銀座のスタジオで、日本初導入となるボディースーツを着用した。腰の右側に電極が埋め込まれていて、ここにEMS機器をつけると、インストラクターが持っているiPadからの指示で全身に電気刺激が流れるという。

エクササイズ02

ボディースーツを身に着けた記者。当然ながら低周波は初めて


 当然ながら記者はこれまで電気刺激を受けたことはない。期待と不安を胸にいよいよプログラムが始まった。

次のページ 
電気刺激がどんどん上昇
1
2
3
4
5
関連記事
6
7