「90歳以上200万人時代」到来! 老後のライフプランはこう立てろ

写真/ tsuppy / PIXTA(ピクスタ)

「敬老の日」前日の9月17日、総務省は65歳以上の高齢者の推計人口を公表しました。これによると、高齢者人口は推計で、3514万人となり、総人口全体に占める割合は27.7%となっています。また、90歳以上は206万人に上り、初めて200万人を超えました。長寿時代のライフプランは不可欠といえます。

老後の生活費はどのくらいかかる?

 総務省の「家計調査報告(家計収支編)」(2016年)によると、高齢夫婦の平均生活費は月額267,546円(税金など含む)です。これは現役世代の平均生活費の6~7割程度です。

 公益財団法人生命保険文化センター平成28年度「生活保障に関する調査」《速報版》によると、夫婦でゆとりある老後生活を送る上で、必要と考えている金額は、日常生活費以外に月額12.8万円となっています。この使途は、「旅行やレジャー費」(60.6%)が最も多く、次いで、「身内との付き合い」(50.1%)、「趣味や教養」(49.7%)、「日常生活の充実」(49.0%)の順になっています。

高齢夫婦無職世帯の家計収支

老後資金の不足分はいくら?

 総務省の同調査によると、高齢夫婦の平均収入(主に公的年金)は、月額212,835円となっています。

 平均生活費が月額267,546円ですので、毎月54,711円の赤字です。平均的な高齢夫婦は、貯蓄を取り崩しながら生活していることがわかります。

 仮に、65歳にリタイアして90歳まで生活を送るとすると、約1641万円準備しておかなければならない計算になります(54,711円×12か月×25年)。ゆとりのある生活を送るには、単純計算で、さらに、3,840万円(12.8万円×12か月×25年)の上乗せが必要になります。

 高齢になると、医療や介護のお金もかかります。300万円~500万円程度は準備しておきましょう。大まかな目安ですが、上記のケースでは、65歳までに最低でも1600万円程度の老後資金が必要といえます。

次ページ老後の生活費はどう準備する?


この連載の記事一覧

この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は買い戻しが優勢で107円前半まで上昇

昨日のドル円は、東京市場では米国の3連休明けの5・10日(ゴトー日)とあって仲値にかけて買いが先行しました。仲値後は日経平均株価の下落などが重しとなったことで伸び悩む場面もありましたが、一方で下値では本邦勢からの買いが観測されるなか、次第に下値を切り上げる底堅い動きになりました。全般にドル… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

年収はそう高くないけど愛人成約率抜群な「市場」とは?

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

若者の「節分離れ」は、恵方巻きのブラックノルマが原因である

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

武神健之

武神健之

ブラック化する日本企業への処方箋

外資系産業医が明かす、今年も「過労死のニュース」がなくならない原因

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

いつまで経ってもスケジュールが決まらない!? 無駄なメールの応報を減らす鍵とは?

清水建二

清水建二

微表情学

ヤンキーが暴力を振るうのは、他者の表情を読み取れていないからである

都市商業研究所

都市商業研究所

JR九州「全路線で減便」の衝撃――深刻な赤字の鉄道事業、対応迫られる沿線自治体

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

結婚にメリットがないことが遂に科学的に証明される 研究者「既婚者のほうが孤独でストレス値が高い」

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

大熊将八

大熊将八

ビジネスニュースの深層

『秘密結社 鷹の爪』DLE、急成長のウラに隠された決算上の疑念とは?

島影真奈美

島影真奈美

仕事に効く時代小説

おんな城主・井伊直虎を育てた師の重~い箴言

江藤貴紀

江藤貴紀

ニュースの事情

中高一貫私立でレベル無視して「検定外」教科書がもてはやされる背景

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由