仮想通貨で資金調達する「ICO」で一攫千金とは?

賢人たちが注目する直近ICOを発表!

――皆さんが今、注目しているICOは? edindin:僕はALIS。日本企業によるICOですが、経営チームが非常に情熱的。この熱量を維持できるなら期待できる。
【ALIS/edindin氏注目】

【ALIS/edindin氏注目】

【ALIS/edindin氏注目】 ICO時期/’17年9月29日まで 現在の価格/未上場 業態/SNS リクルートで活躍していた日本人によるSNS系ICO。経営陣が積極的に日本語で発信を行っており話題に。情報が豊富なため初心者でも参加しやすい。セール期間は9月29日まで。 ポイン:kuniさんがやっているように経営陣と直接話せるのはICOの魅力。ALISも経営陣が積極的に「Slack」(=チャットソフト)で発言しているのは好感が持てる。 アラタ:今後、詐欺的なICOは淘汰され、本物だけが生き残ると思っています。直近で本物だな! と感じたのはKyberネットワーク。分散型取引所のプロジェクトなんですが、イーサリアムの開発者であるヴィタリックさんがアドバイザーとしても関わっていることからも、人気が集まりそう。
【Kyber Networks/アラタ氏注目】

【Kyber Networks/アラタ氏注目】

【Kyber Networks/アラタ氏注目】 ICO時期/’17年9月終了 現在の価格/未上場 業態/取引所 どんなブロックチェーンのコインでも送金可能なDEX(分散型取引所)をめざす。アドバイザーとしてイーサリアム創業者が参加する。トークンセールは終了済みだが、上場は近そう。 ポイン:私は10月から始まるCOMSA。Zaifという取引所を運営するテックビューロが行う日本発のICOプラットフォームです。 アラタ:中国をはじめ世界的にICO規制が強まっているので、日本でICOする会社が増えるかもしれない。そうすればCOMSAには追い風ですよね。
【COMSA/ポイン氏注目】

【COMSA/ポイン氏注目】

【COMSA/ポイン氏注目】 ICO時期/’17年10月2日から 現在の価格/未上場 業態/ICOプラットフォーム 日本企業のテックビューロが仕掛けるICOプラットフォーム。第1弾としてテックビューロ自身がICOを開始。国内取引所Zaifとの連携や豊富な日本語情報による参加のしやすさが魅力。 ポイン:最初にテックビューロ自身がICOし、東証2部上場のプレミアムウォーターや、クラウドファンディング大手のキャンプファイアが続く予定です。
次のページ 
仮想通貨に革命を期待!注目のICO
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right