パイロットの将来需要は14万人とも! 元レースクイーンも教える「ドローンスクール」を取材してみた

栗林篤
 もともと物流企業の倉庫として使われていた建物は、いくつかのブースにネットで区切られ、ドローンの教習場として生まれ変わっていた――。

ドローン01

JR潮見駅そばにある、ドローンスクールジャパン東京校。敷地1万2000坪はドローン練習場としては世界最大規模だという

 今、受講者が急増している「ドローンスクール」。

 8月某日、”空の産業革命”を支える現場に密着取材するため、江東区潮見駅近くにある「ドローンスクールジャパン」を訪れた。実機講習として教習用ドローンを、講師と生徒が2つのコントローラーを手にとって操作する様子はまさしく”スクール”そのものだった。

「教習用ドローンの特徴として、生徒さんの操作が危ない時は、すぐに講師が操作をサポートできる仕様になっています。自動車教習所と同じ要領です」

 スカイエステート株式会社代表の青木達也氏がそう説明する。

⇒【写真】はコチラ https://hbol.jp/?attachment_id=150079

ドローン02

教習用ドローンのコントローラー。2つのコントローラーが有線で共有されている

 江東区潮見駅近くにある「ドローンスクールジャパン」は2016年11月に開校されたドローン操縦士を養成するスクールで、敷地1万2000坪はドローンの練習場としては世界最大級の規模を誇る。

 スクールはスカイエステートを含む5社による共同運営となっている。青木氏はドローンスクールジャパン開校の背景を、ドローン技術を持つ人材の不足にあると説明する。

「2020年には14万人の産業用ドローンパイロットが必要になるという試算も出ています。しかし、現状では資格を持っているパイロットは数百名程度。圧倒的に人材が足りていない状況です」

ドローン03

スカイエステート株式会社代表の青木氏。「建物やインフラの点検にドローンを活用することで、大幅なコスト削減効果が期待できる」と説明

次のページ 
わずか2日でドローンの飛行が可能に

1
2
4
5
関連記事
6
7