NAFTA再交渉開始でメキシコの労働者は賃金が上がる!?

再交渉開始を伝える「Sin Embargo」紙

再交渉開始を伝える「Sin Embargo」紙

 致命的な失言でもはや崩壊寸前のトランプ政権が、かねてから要求していた北米自由貿易協定(NAFTA)の見直し。ついに、再交渉の初会合が8月16日から20日までワシントンで行われた。9月初めにメキシコで交渉が再開され、同月末にカナダでの交渉が予定されている。スケジュールを見る限り、かなり急ぎの交渉になっている。これは、人気回復をしたいトランプ大統領サイドだけでなく、来年7月に大統領選挙を控えているメキシコの思惑もある。

 再交渉にあたり、NAFTA否定論者のトランプが8月22日のアリゾナ州フェニックス市での演説で、これは最悪の協定だったという意見を繰りかえすかのように、「NAFTAは多分、いつか廃止にすることになろう」と述べた。そして、そこから話を飛躍させてメキシコとの国境に壁を建設することの必要性を相も変わらず主張した。(参照:「Hispan Tv」)

 いつものことながら、NAFTAのお陰で米国の特に5つの州(テキサス、カリフォルニア、ミシガン、アリゾナ、イリノイ)の経済が成り立ち、500万人の雇用を創出していることをトランプは忘れているようである。

 ニューヨーク・タイムズ国際部チーフのロジャー・コーエンがトランプのことを<「無知が権力に就かせた」>と評価しているが、トランプには特にメキシコとの貿易赤字の解消と、喪失した70万人の雇用の回復と、更にメキシコに米国企業が進出しないようにさせることにしか関心がないようである。(参照:「El Mundo」)

 その背景には、米国、カナダ、メキシコの間で合意し、1994年から施行されたNAFTAの初年度は対メキシコ、米国は13億ドル(1430億円)の黒字であった。それが次第に減少し、2016年は640億ドル(7兆400億円)の赤字に転落しているということがある。トランプはその赤字転落の要因をすべてメキシコのせいにしているのである。(参照:「Sin Embargo」)

再交渉における米墨の狙い

 NAFTAの再交渉には、メキシコ側は代表にグアハルド経済相が就き、直接の交渉代表に元米国大使ケネス・スミス、彼の側近に対北米貿易部長のサルバドル・ベハルが同行し、スーパーバイザーとして経済省貿易次官のフアン・カルロス・バケルが就任している。更に、異なった政党から上院議員8人と企業連合から23人が代表として交渉内容を随時検討して行く体制になっている。

 メキシコはこれまで<世界46か国と貿易協定>を結んでおり、貿易交渉については充分に経験を積んでいるとしている。勿論、その中でもNAFTAは最も重要な交渉であるとメキシコ側も認めている。(参照:「Sin Embargo」)

 今回の交渉における焦点は、メキシコから米国に無関税で輸出される自動車とその部品、アボガドや牛肉などの輸出、一方、米国からトウモロコシや乳製品などのメキシコへの輸出について、米国はどのような条件を提示して貿易赤字を縮小させて行くのかということである。一方のメキシコは、現状の協定内容をできるだけ維持する方向で交渉を展開させて行きたいとしている。その為には、例えば、メキシコの主食になっているトウモロコシと大豆は交渉次第では輸入先を米国からブラジルやアルゼンチンに移す構えも見せている。なにしろ、アイオワ州のトウモロコシの全生産量の75%はメキシコ向けなのである。(参照:「Sin Embargo」)

次ページアメリカがメキシコに突きつけた要求は!?


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円はこう着状態継続か

東京市場 前日のNY市場でパウエルFRB議長が「緩やかな利上げを継続する根拠が強い」と述べたことを受けて、日経平均が上昇したことを切っ掛けにドル円は一時110.76円近辺まで強含みました。 ロンドン市場 欧州勢参入後には円売りが一巡したことでドル円は110.11円近辺まで反落しました。また… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「紀州のドン・ファン」がハマった、愛人バンクの麻薬的な快楽とは

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

「過労死は自己責任」で炎上の田端信太郎氏にみるグローバルマッチョイズムと、その支持者の“病理”

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

「流暢なプレゼン」に隠された落とし穴。聞き手を飽きさせないために本当に必要なこととは?

清水建二

清水建二

微表情学

表情分析技術が確立される前から、卓越していた仏像の表現力

都市商業研究所

都市商業研究所

大阪の熾烈な百貨店競争に「庶民派百貨店」はどう挑む?――全面リニューアルした「阪神梅田本店」を徹底解剖(2)

MC-icon

MC正社員

ダメリーマン成り上がり道

人気イベントから一転、過渡期に訪れた「どん底」

mitsuhashi

三橋規宏

石橋叩きのネット投資術

なぜ日本の経済学者は富豪や優れた投資家ではないのか?

shiba

志葉玲

ニュース・レジスタンス

病原菌だらけの海、漁船が攻撃され壊滅状態の漁業――パレスチナ自治区ガザ“海の封鎖”が引き起こす現実

kousaka

髙坂勝

たまTSUKI物語

退職者を量産したバー店主が語る。“いまの世の中「サラリーマンから足を洗いたい」と考えるほうがマトモ!?”

安達 夕

安達 夕

韓国の女性団体が上半身を露わに男尊女卑に抗議、しかし思わぬ反応に絶望……。根深い男女差別

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由