【FXの分散投資】ベストのポートフォリオがこれだ!

投資のリスクを抑えるのに有効なのが「分散投資」であり、その際、どんな投資対象にどれだけ投資するか「ポートフォリオ」が重要になる。そこで、勝ち組投資家の知恵が隠されたポートフォリオを一挙公開する!

得意の豪ドルに特化!異色の“集中投資”とは

ゆったり為替氏

ゆったり為替氏

「豪ドルだけで8割を占めているのは、そもそも私のトレード手法が分散ではなく、集中させるスタイルだからです」

 こう明かすのは、投資で「生涯生活費」を叩き出し、会社を退職し専業トレーダーとなったゆったり為替氏だ。

「一般的には分散投資がいいといわれますが、分散するとすべての投資対象に目を配れなくなってしまう……。私は専業トレーダーなのですべてに注意を払うことも可能ですが、対象が少ないほうが負担は少ない。投資が豪ドルに集中しているのは、知識も経験もあるから。そして、豪ドル/スイスフランに投資しているのは、外貨で得た利益を外貨のまま証拠金にできるFX業者を利用しているからです。一般的なFX業者では、外貨で得た利益が自動的に円になってしまうが、この業者なら、利益を上げるとスイスフランのまま保有できる。こうしたことをするのは、日本の財政危機に備えてのこと。仮に現実となれば、円は大暴落し、逃げた資金は安全通貨のスイスフランに向かい大暴騰するはずです」

 ゆったり為替氏が編み出した「FX特化型」のポートフォリオを覗くと、豪ドル/スイスフランと同じく、豪ドル/円が40%を占めているのが目を引く。

「’93年くらいから55~108円の間で、上下動を繰り返している。ならば、90円~100円になったら売って、80円より下がったらどんどん買い下がればいい。スワップポイントと長期的な利食いを狙って、資金を集中投下した結果、高い割合になっています」

 ただ、ディフェンシブの部分も忘れていない。実際、ゆったり為替氏は投資資金のおよそ半分は現金で保有しているという。

「長期的には、スイスフランを徐々に現金化しており、十分な金額に達したら豪ドル/スイスフランのポジションはすべて決済するつもりです。待っているのは第2のリーマンショック。つまり大暴落。落ちてきたところを拾うため、資金のおよそ半分を現金で保有し、待機資金にして備えているんです」

 分散ではなく、“集中投資”のポートフォリオもあるのだ。

ゆったり為替さんのポートフォリオ

豪ドル/スイスフラン:40%
豪ドル/円:40%
米ドル/円、その他:20%

ポートフォリオの内訳はすべてFX。その上、80%が豪ドルという“集中投資”のスタイルのゆったり為替氏だが、「私は専業トレーダーなので、何か起きても対応する時間があるけれど、会社員だったら無理ですよね。それに想定でき得る範囲で、あらゆる事態をシミュレート済みで、対応も復習してるから、集中した投資をしている。一般的には、やはり分散投資をお薦めします」(ゆったり為替氏)

賢人のポート3か条

・掟破りの“集中投資”!
・利益は円で保有しない
・暴落に待機資金で備えよ

【ゆったり為替氏】
個人投資家。米ドル/円の超長期買い下がりなど裁量不要の取引から、裁量トレードまで各種手法を使いこなすが、王道的な手法にファンが多い。http://yuttari-fx.com/

― 勝ち組投資家のポートフォリオ大公開 ―

ハッシュタグ
4
5
関連記事
6
7