アルジャジーラがアラブ諸国の指導者から嫌われる理由

 カタールと断交したサウジアラビア、アラブ首長国連邦、エジプト、バーレーンがカタールに要求した13項目の中に衛生放送局アルジャジーラの閉鎖が盛り込まれていた。

 サウジアラビアは世界報道自由度ランキング180か国の中で168位、アラブ首長国連邦119位、エジプト161位、バーレーン164位とそれぞれあまり高くない位置にランキングされている。この4か国にも視聴者を持つアルジャジーラが1996年に報道の自由を謳ってカタールに登場したのである。

 報道の自由の少ないアラブ諸国でアルジャジーラが産声を上げた時から問題を引き起こす放送局になるというのは自明のことであった。

 アルジャジーラがカタールで登場した1996年に、サウジアラビアでアルジャジーラと同様の主旨をもってBBC Arabicが誕生した。しかし、報道に自由度の欠けるサウジアラビアでは誕生から2年後にサウジ政府の圧力もあって閉鎖を余儀なくさせられた。

 そこで、アルジャジーラはBBC Arabicで活躍していたタレントのあるジャーナリストを早速雇用したのである。その為の資金はカタール政府から出た。この時点からアルジャジーラは飛躍して行くのである。

アルジャジーラ飛躍の3つのきっかけ

 アルジャジーラが世界レベルで注目を集めるようになった出来事には3つある。ひとつは、2001年9月11日に起きたニューヨーク同時多発テロの後、アフガニスタンでアルカーイダのビン・ラデンと会見し、彼らがビデオや情報を唯一提供した相手がアルジャジーラであった。そして、アルジャジーラはそれを常に報道した。この報道の挙に出たことからアルジャジーラはテロリズムを支援していると批難された。

 2つ目には2003年の米国と英国主導によるイラクへの武力介入で、イラク側にも主眼を置く報道も心掛けた。

 3つ目は2010年からアラブ圏に起きた大規模な反政府デモ「アラブの春」であった。特に、エジプトで圧政に不満が溜まっていた若者の声をアルジャジーラは伝えた。それがムバラク政権の崩壊を導いたのであった。それを当初から詳細に報道し続けたのがアルジャジーラであった。

 この崩壊を正当化させるかのように、アルジャジーラのディレクターだったワダ・カンファーは<「当時のエジプトの若者が理想とすることの伝道者としてアルジャジーラは独立した声となったのである」>と述べている。(参照:「La Conexion USA」)

次ページサウジやイスラエルが嫌った「イラン擁護」姿勢


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は買いの安心感が広がり、強含みの展開に

 昨日のドル円は、東京市場では日米首脳会談後の共同記者会見で、トランプ米大統領から対日貿易赤字に対する強硬な批判がなかったことで、ドル円は買いの安心感が広がりました。また、日経平均株価が200円超上昇したことも支えとなり、一時107.51円近辺まで値を上げる展開になりました。欧米市場では、… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「お金持ちに見初められ、体を差し出せば愛人になれる」は大間違い

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

深夜便での海外出張は、深夜残業にあたるか?!

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由