スペインサッカーリーグでのプレーオフ大逆転勝利の陰に、とある日本人がいた!?

タカ大丸
 2015年6月、スペイン・サラゴサで一人のサッカー監督が解任の危機に陥っていた。  旧ユーゴ出身のセルビア人、ランコ・ポポヴィッチは前年11月より成績不振に陥っていたスペイン二部の古豪、レアル・サラゴサ監督に就任した。  長年日本で監督としてのキャリアを積んできたが、2014年6月に成績不振と不適当発言(後述)が原因でセレッソ大阪の監督を解任され、スペインでは初仕事だった。財政難で補強など夢のまた夢、しかも怪我人続出でセンターバックもいないというとんでもないチームだったが、それでも引き受けた。  幹部の希望はなけなしの戦力をやりくりして6位までに食い込みプレーオフ進出、あわよくば一部復帰だった。サラゴサはギリギリ六位に食い込み、最低限の仕事は果たした。  そして迎えたプレーオフ第一ラウンドの対戦相手は三位のジローナだった。  ここで大惨劇が発生する。よりによって、ホームで0-3の惨敗。もう終わりである。  たしかに先発GKのボノがモロッコ代表に招集されてこの試合に出られず、控えGKのオスカルがヘマをやらかしたのは事実だった。  それにしても、0-3では弁明の余地はない。DFのマリオ・アブランテはもうシーズンが終わったと思い、家族と休暇の準備に入ろうとしていた。  そんなとき、ランコ・ポポヴィッチがスマホを開けると、LINEでいつもの通り日本からメッセージが届いていた。  監督就任以来、毎試合終わると直後にある男から一言メッセージが届いていた。戦う気はいつも満々の男だったが、さすがにこの場面では少し弱気の虫に襲われ、数日後のセカンドレグで敗退と同時に解任、というシナリオが頭をよぎっていた。  しかし、このメッセージを見た瞬間に、行けるのではないかというかすかな希望が湧いてきて、二十年来の親友であり、長年右腕を務める助監督のブラード・グルイッチに見せた。  アウェーのセカンドレグ前日に定例記者会見が行われ、ポポヴィッチはこう言い放った。  「私には、時差が七時間だか八時間だかある日本という遠い国から毎試合見て応援してくれている友人がいる。そんな彼から、試合直後にメッセージが届いた。“リヴァプール対ACミランのチャンピオンズリーグ決勝を忘れるな”。あのとき、リヴァプールは前半を終えて0-3だったにもかかわらず、後半に追いついて、逆転して、優勝した。明日、我々はリヴァプールになってみせる」  すなわち、逆転勝利宣言である。
次のページ 
この記事は自慢である
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right