メキシコの麻薬カルテルが手を染める「第二のビジネス」とは?

 そして、多量に盗まれたガソリンを一般企業やガソリンスタンドが購入しているという事実もあって、需要が減ることはないのである。この窃盗件数も2010年と比較して2016年には<800%の増加だ>というのである。(参照:「EFE」)  ちなみに、これらのガソリン窃盗を取り締まる為に、新しい刑法では、300リットル以下の窃盗の場合は4年から6年の収監、2000リットルを越えると17年の刑に服することになっている。また、盗まれた原油やガソリンを輸送する者や販売者に対しては12年の収監となっているそうだ。 <文/白石和幸> しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント。1973年にスペイン・バレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営する生活。バレンシアには領事館がないため、緊急時などはバルセロナの日本総領事館の代理業務もこなす。
しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント。1973年にスペイン・バレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営から現在は貿易コンサルタントに転身
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right