モバイル通信も1Gbpsに、オーストラリアで世界最速サービス

田村和輝

受信最大1Gbpsの高速通信に対応したNighthawk M1

 日本を含めた世界各地の携帯電話事業者や通信機器ベンダなどが5Gに向けて研究開発を進めているが、オーストラリアではテルストラが世界最速のモバイル通信サービスを開始した。

 テルストラはオーストラリア最大の携帯電話事業者で、世界最速のモバイル通信サービスを5Gへの重要なステップと位置づける。テルストラはどのような技術を導入したのか、どのように5Gへつなげるのか、通信網の高度化への取り組みを紹介する。

世界最速1Gbpsに!

 テルストラのモバイル通信サービスではサービス名を4GXとしてLTEを提供しており、通信速度を従来の受信最大600Mbpsから受信最大1Gbpsに高速化した。

 商用のモバイル通信サービスとしては世界で初めて1Gbpsに到達し、対外的には世界初のギガビットLTEと宣伝している。なお、テルストラは受信最大600Mbpsの導入も当時の世界最速であり、また世界最速として高速化したことになる。

 テルストラは受信最大1Gbpsに対応した最初の端末として、2017年2月に米国・ネットギア製のモバイル無線LANルータ「Nighthawk M1」を発売した。また、2017年4月には受信最大1Gbpsに対応した最初のスマートフォンとして韓国・サムスン電子製のスマートフォン「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」の販売を開始し、世界最速のスマートフォンと謳っている。なお、Nighthawk M1、Galaxy S8、Galaxy S8+は技術規格上の理論値が受信最大1GbpsのLTE DLカテゴリ16に対応する。

次のページ 
競合他社に対する強力な武器に

1
2
3
4
5
関連記事
6
7