なぜ、まだ肌寒いのにビアガーデンが続々と前倒し営業しているのか? 

 冒頭の画像は4月7日のオープンの東京タワーフットタウン屋上「ハイボールガーデン」。  オープン当日の夜7時だが、この季節なのに席は7割埋まっているという人気ぶりだった。屋上ではあるが東京タワー下という好立地のため、風はあまり吹き込まなく温かいのもいい。しかも煙にまみれながら輝く東京タワーの夜景を眺められるという絶景ビアガーデンのひとつだ。

三種の焼肉食べ放題&飲み放題4000円台は確かに破格だ

 焼肉食べ放題とハイボールとビール飲み放題が2時間たっぷり楽しめる。肉はラム、豚、牛の三種。これで男性が4500円、女性が4000円というから満足度は非常に高いといえる(営業は10/6まで)。  それ以外のビアガーデンも例年よりだいぶ出足は早い。  東京では4月中旬には人気ビアガーデン店も続々営業を開始する。大阪でもサントリービアガーデンが4月26日から開始予定で、南の熊本ではすでに4月13日にハワイアンビアガーデンが営業開始している。寒さに耐えてもビールを飲みたいビアガーデンファンにはどれも嬉しいニュースだ。  ぐずぐずと梅雨が長引いた昨年や寒波でビールどころではなかった一昨年など、実質的には客入りが微妙な年もある。しかし、ビアガーデンと名が付けばお客は来てくれるという現状を前にしては、ビアガーデンのロング営業も当然といえるだろう。  高まるビアガーデン人気に、2017年のお天気は頷いてくれるのか!? <文・カシハラ@姐御> 【カシハラ@姐御】 トレンドウォッチャー、コピーライター。ビアガーデン評論家。ヒットの素質を嗅ぎ分ける選定眼に定評があり、ラジオやウェブメディアなど各種メディアでトレンド評論を行う。トレンドを先取りする「カシハラから勝手に送られてくるメールマガジン」も好評。公式サイト
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right