本屋でキック、酒場で逆エビ固め、列車内でロメロスペシャル! どこでもプロレス「ノーリングマッチ」の世界

たこ焼きマシン

電車内でデスマッチが繰り広げられるご当地プロレス!

 プロスポーツにおいて選手と観客は不可侵の関係だ。酔った観客が乱入することがあっても、選手が自ら進んで客席に入ることはない。プロレスを除いては。

 プロレスの大きな特徴が場外戦だ。選手がリングから飛び出し、客席に雪崩れ込んで闘う。時にはイスで殴ったり、客の上着で首を絞めたりする。プロレスで最も盛り上がる場面のひとつだ。

リングを使用しないプロレス

 では最も盛り上がるのが場外戦なら、場外戦だけで試合をしてみたらどうだろう? 2008年4月、DDTプロレスリング(以下、DDT)が東京・新宿の伊野尾書店で「本屋プロレス」を開催した。リングは設置せず、店内すべてが戦場となる究極の場外戦だ。

本棚の間で強烈なキック!

 日常と非日常の融合は大きな反響を呼んだ。DDTは続いて金沢や名古屋でも本屋プロレスを開催。さらにキャンプ場やスポーツジムなどにも進出。「路上プロレス」と呼ばれるスタイルを確立させた。現在はamazonプライムビデオで『ぶらり路上プロレス』なる番組まで制作されているヒットコンテンツだ。

バーでの闘いは、リアル『ストリートファイター』

机に飛び乗ってのキック!

 ヒットが生まれれば、類似製品やサービスが生まれるのはプロレスも同じだ。日本各地でリングを使わないプロレスが相次いで開催されるようになる。単に模倣するだけでなく、オリジナリティを加えたものも多く生まれた。

 名古屋の団体・スポルティーバエンターテイメント(以下、スポルティーバ)のSRS:Survivor of the Ring Sideがその一例だ。スポルティーバは道場兼リング常設会場でもあるスポーツバー「スポルティーバアリーナ」を管理しており、同会場でまれに実施されるハウスルールだ。

 選手はリングに上がらず客席のみで闘う。通常のプロレスルールではリング外に出ると場外カウントがとられ、規定数に達するとリングアウト負けとなる。しかしSRSは逆だ。

 リング“内”に入ると場外カウントがとられ、規定カウント前に出なければ負けだ。本来闘うべき場所に入ってはいけない、逆転の発想だ。

ジャッキー・チェン映画のような闘いも

 会場内備品はすべて使用可能となる。机や鍋を使おうが、バーカウンターから飛びかかろうが、天井の梁からブラ下がって攻撃してもいい。アクション映画や格闘ゲームさながらの場面が連続する。

次のページ 
選手を助けることができる、観客参加型プロレス

1
2
3
ハッシュタグ
4
5
関連記事
6
7