ETFを活用するヘッジファンドの帝王レイ・ダリオの運用スタイル

丹羽唯一朗

photo by Bloomberg/Getty Images

 YouTube で、日本語で解説された「30分で判る 経済の仕組み Ray Dalio」という動画がある。クレジット(借金)と物品サービス・資産との取引(売買)について、わかりやすく解説されている。内容は、クレジット(借金)の果たす役割が大きいこと、支出は他の人の収入であること、クレジットが増え支出が増えると物価が上がりインフレになること、インフレを抑えるために中央銀行が金利を調整することなどである。

 本動画を作成したのが、ヘッジファンドの運用金額において世界一の「ブリッジウォーター・アソシエイツ」創業者レイ・ダリオ(Ray Dalio)氏である。

 レイ・ダリオ氏は、1949年生まれ。ジャズミュージシャンの子として生まれ、ロングアイランド大学、ハーバード・ビジネス・スクール卒。メリルリンチ、シェアソン・ヘイデン・ストーン勤務を経て、ヘッジファンドであるコンサルティング会社ブリッジウォーター・アソシエイツを設立。

 ブリッジウォーター・アソシエイツは、ヘッジファンド世界最大規模の約18兆円を運用している。

コンピュータを使ったアルゴリズム取引の開発に強み

 ブリッジウオーター・アソシエーツは、後述する保有ポートフォリオからは想像しがたいが、コンピュータを使ったアルゴリズム取引の開発に強みがあると言われている。

 昨年3月、ブリッジウォーターでは、アップルでiPodを立ち上げ、Palmの会長も務めたジョン・ルービンスタイン共同最高経営責任者(CEO)の就任を発表した。また、マイクロソフトで最高研究戦略責任者を務めたクレイグ・マンディがダリオと並ぶ共同会長に就任することも明らかにした。同社はこれまでにも、IBMで人工知能「ワトソン」の開発チームを率いたデービッド・フェルッチを採用している。(参照:HBO「人工知能を活用し始めたヘッジファンド」)

 しかし、ここに来て変化があったようだ。ジョン・ルービンスタイン共同最高経営責任者(CEO)は、入社して10か月で退社することになった。クライアントへ、次のように通知された。

“Jon Rubinstein is leaving Bridgewater after 10 months(he was previously also co-CEO)because he did not fit into Bridgewater’s culture, Dalio wrote.”(ジョン・ルービンスタイン共同最高経営責任者(CEO)は、入社して10か月で退社する。ブリッジウォーターのカルチャーにフィットしなかったのが理由であると、ダリオは記した。)(参照:「Business Insider」)

次のページ 
ETFを使った特徴あるポートフォリオ

1
2
3
4
5
関連記事
6
7