「仏版トランプ」ルペンとトランプ大統領の決定的な違いは“カネ”!?

photo by Rémi Noyon via flickr(CC BY 2.0)

 4~5月にかけて実際されるフランス大統領選が異様な熱気を帯びている。その台風の目となっているのは、ご存じ、極右政党「国民戦線(FN)」の党首であるマリーヌ・ルペン氏だ。

 3月上旬に行われた世論調査で27%の支持率を獲得して、首位を快走。「仏版トランプ」とも称されるほど、トランプ大統領とそっくりの政策を掲げて人気を博しているのだ。在英ジャーナリストの木村正人氏が話す。

「ルペン氏が掲げる反EUとユーロ圏からの離脱は、トランプ氏の反グローバリズムと一緒。トランプ氏の『アメリカ・ファースト』と同様、フランス第一の自国民優先政策も打ち出しています。『イスラム教国からの入国禁止』とまでは言っていませんが、反イスラム・反移民というスタンスも、親ロシアという点でも一致している。大手金融資本を中心としたエスタブリッシュメントを批判し、メディアを敵視しているところもトランプ氏とそっくり。弱者救済を主張しているため、自然と支持層も共通しています。

 アメリカ大統領選では経済成長から取り残された中西部の“ラストベルト”に暮らす低中所得層の白人労働者がトランプ氏を熱烈に支持したと言われていますが、フランスでも北東部のアヤンジュがそのラストベルトと言われているのです。かつては製鉄の町として栄えたアヤンジュは、国際競争力の低下に伴い衰退の一途をたどり、過去10年で失業者が75%も増えました。職を失った白人労働者階級は自分たちの職を奪っていったEUと移民に不満を募らせ、国民戦線とルペン氏を信奉するようになっていったのです。

 アヤンジュの町長も2010年に国民戦線に加わり、2014年の町長選で当選した人物。その政策は露骨に白人労働者階級を優先しています。移民・難民を支援する市民団体に立ち退きを迫り、事務所の電気を止めたりもしているんです。ルペン氏自身は大統領選の本格化を機に反イスラム、反移民のトーンを抑えてきていますが、局地的にはトランプ氏以上に露骨な排外主義が顕在化しているのです」

 ルペン氏も、トランプ氏同様、問題行動が物議を醸すこともしばしば。2015年にはイスラム教徒が路上で礼拝する様子をナチスによるフランス占領に例えて大バッシングを浴びたほか、イスラム国(IS)による処刑写真をツイート。「暴力的なイメージの流布」に当たるとしてフランス当局の捜査対象となり、今年3月2日には欧州連合(EU)議会がルペン氏の免責特権を停止する決議を採択している。

浮上するスキャンダルもそっくり

 また、浮上するスキャンダルまでどこか似通っている。トランプ氏は大統領選の最中に無届の慈善団体「トランプ財団」の寄付金を流用していた疑惑が報じられたが、ルペン氏には欧州議会の資金を内政に関する業務の支払いに流用した疑惑も浮上。国民戦線本部は家宅捜索を受け、ルペン氏の個人秘書は欧州議会から4000万円をだまし取った疑いで訴追されている。

「米大統領選ではロシアがヒラリー陣営にサイバー攻撃を仕掛けたことが明らかになっていますが、フランスではルペン氏に次いで、2番手につけている中道路線の独立系候補であるエマニュエル・マクロン元経済相に対してロシアが執拗なサイバー攻撃を仕掛けているとされています。フランス大統領選は1回目の投票で過半数を獲得する候補がいなければ、上位2人による決選投票に持ち込まれます。そのため、決選投票では中道路線で支持のすそ野を広げているマクロン氏のほうに票が集まる可能性が濃厚。EU支持派でメルケル独首相との距離を縮めているマクロン氏が大統領となれば、ロシアに対する経済制裁は解除されないでしょう。だから、ロシアはサイバー攻撃や『マクロンは同性愛者と不倫している』といったフェイクニュースを流したりして、ルペン氏を後方支援しているのです。現在、『米大統領選の二の舞はゴメンだ』とフランス当局はサイバー攻撃の対応に追われています」(木村氏)

 今回のフランス大統領選では当初、中道右派・共和党のフランスワ・フィヨン元首相が最有力候補と目されていた。だが、フィヨン氏には秘書と偽り、妻や子供に計1億2000万円もの給与を支払っていた疑惑が浮上。釈明に追われる結果となり、大幅に支持率を落とした経緯がある。早くもスキャンダル合戦の様相を呈しているのだが、「ルペン氏に関しては、欧州議会の資金流用疑惑が浮上しても支持率が下がらない。女性スキャンダルなどが報じられても、根強い人気を誇ったトランプ氏と、その点でも共通する」(木村氏)とのこと。

 ただし、ルペン氏とトランプ氏には決定的な違いもあるという。

次ページトランプにはないルペンの弱点


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は買いの安心感が広がり、強含みの展開に

 昨日のドル円は、東京市場では日米首脳会談後の共同記者会見で、トランプ米大統領から対日貿易赤字に対する強硬な批判がなかったことで、ドル円は買いの安心感が広がりました。また、日経平均株価が200円超上昇したことも支えとなり、一時107.51円近辺まで値を上げる展開になりました。欧米市場では、… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「お金持ちに見初められ、体を差し出せば愛人になれる」は大間違い

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

深夜便での海外出張は、深夜残業にあたるか?!

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由