韓国・釜山の日本領事館前に「ゴミで作った慰安婦像」が登場! 

安達夕
ゴミで作った慰安婦像

(写真は聯合ニュースの報道より)

 釜山の日本領事館前に設置された「慰安婦像」(韓国では「平和の少女像」と呼んでいる)の隣に「もう一つの少女像」が設置され、韓国社会では波紋を呼んでいる。

 まずは、釜山の日本領事館前の「慰安婦像」をめぐる問題を振り返ってみたい。

 2016年12月28日、釜山広域市の日本領事館前の歩道に、市民団体らが「慰安婦像」を設置したが、釜山広域市東区当局は、道路交通法違反として像を撤去した。しかし翌日の12月29日、東区に抗議の電話が殺到し、区の業務に大きく支障をきたしたほか、区のサーバーもダウン。12月30日には一転設置を認め、大晦日である31日に除幕式が行われた。

 日本はこれに抗議。菅官房長官は「このような措置は極めて残念である」とし、1月6日、日本政府の当面の措置として、在大韓民国日本国大使館・長嶺全権大使と釜山総領事館・森本領事を一時帰国させたほか、日韓通貨スワップ協定の取り決め協議の中断や、ハイレベル経済協議の延期等を決めた。

 長嶺全権大使は、現時点をもって、いまだ韓国に戻っていない。

次のページ 
「ゴミの像だけを撤去するのは問題がある」

1
2
3
4
5
関連記事
6
7