カプセルコーヒー市場の牽引者、ネスプレッソ社長が語る 「日本のコーヒー市場の可能性」とは?

ネスレネスプレッソ社長 アレクサンダー・シェネガー氏

 ワインはもとより、最近では牛肉なども「熟成」がキーワードとなり一躍ブームになっている昨今。マーケティング・リサーチ会社GfKによる調査によれば、コーヒーメーカー年間販売台数はここ数年右肩上がりに成長しており、2015年には240万台に拡大、4年間で1.3倍へと拡大したという。  このように、調理家電市場の中でも安定した成長率を誇るコーヒーメーカー市場だが、中でもその牽引者とされているのがカプセル式コーヒーメーカーだ。3月1日、そのカプセル式コーヒーメーカー市場のトップリーダー、ネスプレッソが熟成させたコーヒー豆を使用する「エイジド・コーヒー」という希少なビンテージコーヒーを数量限定で発売すると発表した。  ネスプレッソは誕生から30周年を迎えた2016年は、特に中国や韓国での伸長が目覚ましかったそうだが、いまだ日本市場の潜在能力に注目しているという。  果たして、コーヒーメーカー市場としての日本の潜在能力とは何なのか? エイジド・コーヒー「セレクション ヴィンテージ 2014」の発表イベントを終えたネスレネスプレッソ株式会社社長、アレクサンダー・シュネガー氏に日本市場について聞いた。
次のページ 
日本市場はさらに重視する方針
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right