トランプの政策がアメリカでジーンズの急騰を巻き起こす可能性が浮上

白石和幸

photo by Myriams-Fotos via pixabay(CC0 Public Domain )

 ジーンズが世界的に広まったのは1950年代からであるが、これがまたトランプ大統領が問題視している北米自由貿易協定(NAFTA)の今後のメキシコとの交渉の行方に左右されることになりそうである。というのは、米国で販売されているジーンズの50%はメキシコで生産されているからである。(参照:「BBC」)

 ジーンズの代表的なブランドであるLevis´s、Diesel、Gap、Hollister、Cimarron、Calvin Klein、Guess等はメキシコで生産されているのである。メキシコはバングラデシュについで世界で重要なジーンズの生産国なのだ。

 23年前にNAFTAが成立すると、米国のジーンズメーカーはメキシコでの生産を図るようになった。何しろ、メキシコでの労働コストの安さが生産者側にとって魅力だったのだ。当時、米国に比較して、メキシコの労賃は8分の1から10分の1であるとされていた。(参照:「BBC」)

 この魅力が要因となって、米国からメキシコへの投資は<1994年に170億ドル>であったのが、<2015年には928億ドル>まで急増したのである。

 勿論、そこには無関税という利点と、隣国同士であるということから道路と線路を利用しても輸送費も大幅に削減されるという点もあった。米国は南米のコロンビアとも同等の自由貿易協定を結んでいるが、コロンビアから米国への輸送手段が割高になっているため、やはりここにメキシコの地の利はあったのだ。

次のページ 
12万人以上の雇用が失われる!?

1
2
4
5
関連記事
6
7