スタバもとばっちり!? メキシコでの米国製品ボイコットが米チェーン店などにも波及

白石和幸

CC0 PublicDomain

 米国のトランプ大統領がメキシコとの国境に壁を建設する大統領令に署名したことを受けて、メキシコでは米国のフォードやジェネラルモーターズなどの車への不買運動が起きた。  それに加えて、次に対象になったのが米国の食品である。その中でも一番ボイコットの対象になったのがスターバックスである。1月26日までにハッシュタグ『#Adiós Starnucks(さよなら、スターバックス)』のtweet数が、61万701を突破したという。(参照:「Sipse」)  そもそも、メキシコの国民が米国製品をボイコットをしようということになったのは、トランプ大統領が国境の壁の建設費用はメキシコが負担すると執拗に主張したためであった。
次のページ 
スタバ運営の現地企業も懸命にアピール
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right