トランプの対メキシコ政策によって中国に思わぬビジネスチャンスが……

白石和幸

moerschy / Pixabay(CC0 Public Domain )

 21世紀に入っての中国のラテンアメリカ市場での躍進は目覚ましいものがあるが、米国でトランプ大統領の誕生は中国にとって予期しなかった「ご褒美」となるのかもしれない。

 トランプはメキシコそして中米からの移民の不法入国を防ぐ為にメキシコとの国境3000㎞に壁を設けることを計画している。実際にはその3分の1の壁は既に存在している。そして、彼はカナダ、米国、メキシコの間に存在して来た北米自由貿易協定(NAFTA)の見直しを検討する意向をもっている。メキシコとの貿易赤字の是正と米国企業がメキシコに工場を移転させて、米国での雇用の喪失に繋がっているとうのがその見直しの理由だとしている。
 トランプの考えは常に一方通行で、単純そのもの。NAFTAのお陰で米国の遺伝子組み換えのトウモロコシがメキシコ市場を席捲して、メキシコのトウモロコシ生産に従事して来た農業を壊滅させた。メキシコから米国に不法移民を含めメキシコ人の移民が急増したのは正にこの影響であるということをトランプは無視しているため、メキシコ国内では大いに反感を買っているのは既報のとおりだ。

 更に、ラテンアメリカからも参加もある環太平洋経済連携協定(TPP)についてもトランプは発展させる意向をもっていない。保護主義に向かおうとするトランプの考えにはラテンアメリカとの貿易取引の発展には強い関心はないようである。

 これらの要素は正に、中国にとってはラテンアメリカ市場での中国の存在をより高める絶好の機会である。

 そして、ラテンアメリカ市場での中国の存在がさらに加速しそうな要因がある。

 それが、トランプがいままさに壁を設置しようとしている「メキシコ」の存在である。

 端的に言えば、「米国は壁を建設しようとし、一方の中国は架け橋を建設している」ということである。

次のページ 
中国が敬遠してきたメキシコの存在

1
2
3
4
5
関連記事
6
7