「東南アジアの優等生」タイのサッカー界は引き続き躍進【2016年アジアサッカーまとめ】

タイ人Jリーガーも誕生し、快進撃を続けたタイサッカー界。今年も期待が高まる

「東南アジアの優等生」といわれ順調な成長を続けるタイ。

 生活水準の向上とともに近年はスポーツ界の発展も顕著で、その象徴といえるのがサッカーだ。2010年代に入り急成長を遂げた国内リーグの盛り上がりを背景に、代表チームの実力も急上昇。オリンピックやワールドカップのアジア予選でも最終予選に駒を進めるまでになった。Jリーグがアジアの国々との連携をはかる「アジア戦略」でも、2012年に真っ先に提携を結んだのがタイリーグ。サッカーにおいても、東南アジアの先頭を走るリーダー的存在となっている。

 2016年10月13日、タイのプミポン国王が崩御した。

 世界最長の在位70年を誇り、タイの象徴でもあった偉大な王の死に国中が悲しみに包まれ、多くの国民は自主的に黒い服を身につけて喪に服した。スポーツ界もその影響を受け、サッカーのタイリーグは3節を残してシーズンを終了。カップ戦も含めて、2016年に予定されていた残りの試合は全てキャンセルとなった。

次のページ 
アジア予選で首位通過の快挙

1
2
3
4
5
6
4
5
関連記事
6
7