選手の「爆買い」が最高潮に達した中国スーパーリーグ【2016年アジアサッカーまとめ】

男子に比べ女子は堅実な活躍

 低迷の続く中国代表は、足元に絡み付く香港代表の抵抗に遭った影響で、ワールドカップアジア2次予選を、僅差の2位で辛うじて通過。  しかし、最終予選は年内未勝利でグループ最下位。既にワールドカップ・ロシア大会への出場は、絶望的な状況にある。中国サッカー協会は、高洪波監督の解任に踏み切り、広州恒大への復帰が既定路線だったマルチェロ・リッピを、三顧の礼で代表監督に迎えた。リッピは既に指揮を執り始めているが、招聘は2022年のワールドカップ・カタール大会出場に向けての布石だ。  その一方で、中国女子代表は、リオデジャネイロ五輪のアジア最終予選で、なでしこジャパン(日本女子代表)などを破り五輪本大会に出場した。本大会でもクループリーグを突破して、8強進出を果たしている。 <池田宣雄> 1970年生まれ、神奈川県茅ケ崎市出身。都内の大学で中国語を学び、1992年に入社した大手物流会社で上海勤務。2002年に香港にてビジネスコンサルタントとして独立。2012年からフットボールコーディネーターとして、日本人指導者や選手たちの海外移籍の仲介や、サッカー専門誌などでの執筆活動を開始。AFCB香港紫荊會代表。香港サッカー協会アソシエイトメンバー。香港在住。 <アジアサッカー研究所> 東南アジアを中心としたアジア新興国と日本およびアジアの国々のさらなる発展のために、各国の取り組みをリサーチし、関係者に共有し、さらなる価値を創造していくことを目的として、人材開発とコンサルティング分野など、日本とアジアのサッカー交流を加速させるプロジェクトとして活動している。http://ja.ifaf.asia/
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right