ふるさと納税するなら今!――来年度控除を受けたいなら12月は最後のチャンス

総務省によれば、’15年度の寄附額は1653億円に急増。空前のブームとなったふるさと納税だが、返礼品も多種多様化し、何を選んでいいのかわからないのが悩みの種だ。そこで、絶対に損しない最強の自治体をここに紹介する!

1月、4月、7月は新しい返礼品が登場する更新月

確定申告

ワンストップ特例制度を利用すれば、最大5自治体まで確定申告が不要。それ以上の自治体をまたいでふるさと納税をした場合は、忘れずに確定申告をしよう

 ふるさと納税においてベストなタイミングはいつか。1月、4月、7月は新しい返礼品が登場する更新月にあたり、限定品や季節モノをゲットするにはベストなタイミングと言える。

 そして、もう一つのタイミングとなるのが、12月だ。ふるさと納税には各地の名産品が楽しめるとともに、支払った寄附額が住民税や所得税の控除対象になるというメリットがある。もし’17年度に控除を受けたいならば、12月末までに返礼品を申請するといった手続きを処理しなければならないのだ。「確定申告などしたことないし、面倒だ」と思っている人もいるかもしれないが、ご安心を。’15年度から始まった「ワンストップ制度」を利用すれば、確定申告などせずに、ふるさと納税の恩恵を受けることができる。

 まずは12月末までに自身の寄附上限額となる返礼品に申し込んで、来年度からふるさと納税の恩恵を最大限に受けるべし!

次のページ 
翌年度にも持ち越せるポイント制をフル活用

1
2
100%得する[ふるさと納税]完全ガイド

手続きがいまいちわからない初心者から、最新情報を仕入れたい中・上級者まで、すべての納税者必読

ハッシュタグ
4
5
関連記事
6
7