今年だけでもインフレ率700%のベネズエラ、新札発行も届かず大混乱

白石和幸

ベネズエラの混乱を報じる「El Pais」紙

 原油の埋蔵量では世界一とされるベネズエラは軍人ウーゴ・チャベスが1999年にクーデターを起こして政権に就いて社会主義革命(ボリバル革命)を行った。政府の方針に背く企業は政府が介入して国営化させ、多くの企業家が経営の放棄や廃業した。その為に国内に物資は不足し、輸入に頼らねばならなくなっていた。政府の歳入の80%は原油の輸出によるもので、原油価格が高い期間は国家財政は潤った。輸入の為の資金も充分にあった。しかし、最近の原油価格の大幅な下落はベネズエラ経済を一挙に後退させ、財政危機に陥っている。

 革命が始まってから16年経過した今、チャベスの後継者マドゥロ大統領の政権下で国の経済は完全に退廃し、ハイパーインフレが続いている。<2008年から現在までの累積インフレ率は2358%>という驚異的な記録を更新しつつある。(参照:「El Confidencial」)

 さらに言えば、今年だけで<インフレ率は700%>となっている(参照:「El Pais」)

 その為、現在流通している通貨2、5、10、20、50、100ボリバルでは通貨でありなが商品の価格が高額であることから少額通貨では物が買えなくなって使用されなくなっている。そして、主に流通しているのは100ボリバル紙幣が大半という状況になっている。買い物をするにも、支払いで100ボリバル紙幣が何十枚も必要となっているのだ。価格の高騰から、一部の市場では紙幣を数えて行くのは時間がかかるということで、何十枚、何百枚と束に重ねて目方を計って用意された紙幣の総額がいくらになるか判断するという現象も起きている。

次のページ 
麻薬組織対策で旧札無効化も

1
2
3
4
5
関連記事
6
7