中国『君の名は。』大ヒット、影の功労者は「中韓関係」!?

我妻伊都

百度でも人気検索キーワードに

 8月26日の公開後、興行収入200億円を突破した大ヒット映画『君の名は。』(中国語で『你的名字。』)が12月2日から中国全土で公開が始まり、日本映画では興行収入歴代1位ペースのスタートダッシュを切っている。

 中国全土約7000か所での公開も日本映画史上最多で、7日までの6日間の興行収入が3億5000万元(約58億4000万円)に達している。

劇場によって割引率が異なる中国の映画館

 中国における最大ヒットの邦画は、2015年5月に上映された『STAND BY ME ドラえもん』で興行収入5.3億元(当時のレートで約106億円・上映期間1か月間)。昨年ドラえもんは、日本映画としては3年ぶりに上映された。『你的名字。』はそのドラえもんを抜くのではと中国の映画専門メディアは早くも伝えている。

 上映されている『你的名字。』は、107分と日本と変わらずノーカット上映されている。中国では政治的な理由で、作品の一部をカットすることが多く、オリジナルより上映時間が短くなることが多いだけにレアケースと言える。

 そもそも外国映画の上映本数に制限がある中国で日本映画が2年連続上映されること自体が異例で、しかも2作品ともヒットしているので日本の映画界としては喜ばしい限りだが、『你的名字。』の上映は、事前に予定されていたものではないという噂が中国国内で囁かれているのをご存知だろうか。

 実は、『你的名字。』中国上映の裏には中国にとっての韓国との関係性が関係している節が有ると言われているのだ。

次のページ 
THAAD配備での中韓関係悪化が後押し!?

1
2
3
4
4
5
関連記事
6
7