“乗ったもん勝ち”のトランプ相場がやってくる!

大方の予想を覆し、世界の王様というべきアメリカ新大統領の座を射止めたドナルド・トランプ氏。極端な政策を掲げる“暴言大統領”の下で、世界経済はどう変わっていくのであろうか。

トランプ

photo by Gage Skidmore(CC BY-SA 2.0)

「トランプ氏が掲げる政策はレーガン政権に似ているといわれますが、最も近いと考えているのは、ナチス・ドイツ初期の経済政策です」

 ショッキングな指摘をするのは、経済アナリストの土居雅紹氏だ。

「インフラ整備と軍備拡張で景気回復や失業率の改善を図ろうとする点と、人種差別ともいえる政策がそっくり。ちなみにかつてのナチス初期の経済政策は大成功し、支持基盤の強化に成功しています。トランプ氏も今後、熱狂的な支持を得ていく可能性は高い」

 大統領選当日、悲観的に市場が反応した「トランプショック」は投票当日の日本市場だけ。翌日からは日米の株式市場もドル円相場も、新大統領を歓迎するかのような急上昇を見せた。

「トランプ氏の当選は決して番狂わせなどではない。イギリスのEU離脱と同じく、グローバリゼーションによる格差拡大に不信感を募らせる労働者階級の支持を集めた結果です。トランプ氏もまずは雇用を拡大し、彼らの不満を解消していくことを最重要課題として取り組むと考えられます」(土居氏)

 こうした理由から、アメリカ経済は強力にテコ入れされ、株価も上昇する可能性が高いという。

次のページ 
大統領選の翌年は円安株高の傾向に……

1
2
3
ジンクスで読む日本経済

人気アナリストが集めたえり抜きのおもしろ指標

4
5
関連記事
6
7