韓国スマートシティ計画が難航……山積みの課題とは

韓国仁川松島国際新都市 photo by fabricfestival0 via Pixabay(CC0 Public Domain )

 韓国政府は現在、ユビキタス・コンピューティングを利用した、都市主要サービスのデジタル化に意欲的に取り組んでいる。
 彼らが推進しているのは、「ユビキタスシティ」、略して「Uシティ」と呼ばれるプロジェクト。それは、都市空間にICT技術やエコ技術を用いて、市内サービス、小売店や住宅のデジタル制御およびコミュニケーションを自動化・供給することを目的としている。また、行政・交通・物流・エネルギー・環境・水管理・住居など、あらゆる生活インフラサービスを効率的にコントロール・管理し、継続的な経済発展を見据えた新しい都市をつくるためのプロジェクトである。

 Uシティ推進プロジェクトは、U-City法に則り、国土交通部を中心に通信網、知能化された施設、都市統合運営センターなどの設置を中心に進められている。

 構築費用は平均的に300億ウォン~400億ウォン(約28億951万円~約37億4601万円)規模で、これは一般的な新都市造成事業総額の3%未満の水準だ。

次のページ 
最先端技術で環境重視の「松島(ソンド)新都市」
1
2
3
ドローンの衝撃

ドローンに関する基礎的情報をいっきに紹介

4
5
関連記事
6
7