労働者の被曝を闇に葬る、電力業界の「ブラックな手口」

杜撰な安全管理、ブラックなもみ消し

島根原発

島根原発で梅田さんが梅田さんが作業したとされる個所。労災認定裁判で国側が提出した証拠書類より作成。実際は圧力容器の内側にも入って作業しているが、そのことは書類上には記録されていない

「安全教育?作業前に簡単な説明はあったけど、放射能のことなんて何も聞かなかったよ」と梅田さんは述懐する。 「安全教育をまともにやると、2割くらいの人は作業に同意せずに帰ってしまう。すると、工期が2倍に伸びる。会社はそれを嫌がるんだね」  不十分な安全教育もあって、梅田さんは短期間に高線量の被曝をしたのだった。敦賀原発での作業後、長崎大学のホールボディカウンターで内部被曝検査を受ける。当時のカルテを後日精査したところ、梅田さんの体内から放射性のマンガン、鉄、セシウムなどが検出された。  九州大学病院にも診てもらって症状を訴えたが、「被曝との因果関係は明らかではない」という診断書を出された。 「その間、元請け会社である日立プラントの総務課長が同病院を訪れていることが後にわかったのですが、一体何をしに行ったのでしょうか」  全身の倦怠感など、被曝によるものと思われる症状に悩まされた梅田さんは、労災認定を申請しようとした。その途端、見知らぬ人から「おたく、息子がおるんやろ?」などと脅迫めいた電話がかかってくるようになる。ヤクザ風の男にもつきまとわれ恐怖を覚えた梅田さんは、労災の申請を諦めざるを得なくなった。  2000年に急性心筋梗塞を発症したことで、梅田さんはついに労災申請に踏み切ったが、2010年に不採択となった。再審査請求も棄却されたため、労災認定を求めて国を相手に訴訟を起こしたのだ。
次のページ 
国の陰に隠れる電力業界
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right