英政府、英国日産にEU離脱後の競争力維持への支援を公約。その背景にあるものは?

白石和幸

人気車種であるキャシュカイ。photo / NISSAN Europe

 英国がBREXITの決定をしたことに伴い、英国日産はEU市場への輸出に関税などが科せられて競争力を失い損失が生じないように英国政府にその補償を求めていた。(参照:「EU離脱で英国から外国企業が逃げ出し英企業は買い叩かれる! 日産も補償を要求」)

 それに対して、同政府は英国日産に競争力維持のための支援をすると公約したことが日本でも10月27日以降報じられた。(参照:「朝日新聞」)

 この政府の公約は、10月始めに日産のゴーン社長がメイ首相と会見して英国日産の置かれている事情を説明し、首相は前向きに検討するという約束をしたのを受けてのものだ。それが今回の英国政府の正式な回答となったものである。

 これによって、英国日産がこれまで決定を引き延ばしていた「キャシュカイ(SUVデュリアスの欧州名」)と「エクストレイル」の生産の為のサンダーランド工場にての投資を行うことができるようになった。英国日産は7000人の従業員を抱え、英国で生産されている総台数160万台の3分の1に匹敵する台数を生産している英国最大の自動車メーカーである。しかも、この新車種の生産で雇用が増えることにもなる。(参照:「ロイター」)

次のページ 
Brexitが英国日産に与えるダメージ

1
2
3
4
5
関連記事
6
7