投資家なら要チェック。2016年「ポーター賞」受賞企業が決定

丹羽唯一朗
「ポーター賞」という賞をご存知だろうか? ポーター賞とは、競争戦略論の第一人者であり、長年にわたり日本企業に関心を寄せ、一橋大学との共同研究の歴史を持つハーバード大学のマイケル・E・ポーター教授に由来を持つ名前で、製品、プロセス、経営手腕においてイノベーションを起こし、これを土台として独自性がある戦略を実行し、その結果として業界において高い収益性を達成・維持している企業を表彰するため、2001年7月に創設され、毎年4社程度が選定されている。

 10月26日、2016年度 第16回ポーター賞の受賞事業として以下の4つの事業が選ばれた。(参照:「ポーター賞」)

・前田工繊株式会社 インフラ事業(土木資材製造販売業):インフラ構築・維持補修・防災減災・環境保護に使われる土木資材を提供する
・株式会社丸井グループ カード事業(クレジットカード事業):小売りを支援するクレジットカード事業を行う
・株式会社オープンハウス 戸建事業部(戸建住宅の製造販売業):都心を中心に戸建住宅を製造販売
・ピジョン株式会社(ベビーケア用品製造販売業):ベビーケア製品の製造販売

 ポーター賞は、独自性のある戦略によって競争に成功した日本企業や事業部に贈られる。ポーター賞が「独自性のある戦略」を評価するという点が、「品質活動による業務の効率化」を評価するデミング賞のような他の賞と大きく違う点である。

“日本企業は70年代と80年代における全社的品質管理(TQC)や継続的改善(カイゼン)運動を始めとして、世界における業務の効率化競争において、長年にわたりコストと品質面における優位を享受してきました。しかし、近年、この競争モデルには限界があることが、より一層明らかになりつつあります。日本企業は、品質による競争に留まるのでなく、戦略とイノベーションによる競争に移行するべきです。”としている。

 このように、ポーター賞は、日本企業を業務の効率性による競争から戦略による競争へと促すことによって、日本企業の競争力を強化することを目的に創設されたのである。

次のページ 
選ばれるのはどんな企業?

1
2
3
ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件

究極の競争優位をもたらす論理を解明していく

4
5
関連記事
6
7