Touch Bar搭載の新型MacBook Pro登場で、キーボードは不要になる?【PC市場の未来予想】

武者良太

待望の新型「MacBook Pro」が発表

 日本時間の10月28日。アップルは15インチと13インチの新型「MacBookPro」シリーズを発表した。キャッチコピーは「指先に、さらなる才能を」。キーボード上部、従来はファンクションキーが並べられていたエリアを刷新し、Touch Barという横長の有機ELサブディスプレイを搭載。アプリケーションによってショートカットキーとして使ったり、スライダーとして使えるジェスチャーインターフェースとしてきた。

 特に有効なのはクリエイティブアプリを使っているときだろう。MacBookシリーズはWindows勢と比較して大きなタッチパッドを採用しており、ユーザビリティで勝る設計がされていた。そして今回のニューテクノロジーTouch Barの採用により、快適かつ的確な操作が行えるPCとして仕立ててきた。

 具体的には写真レタッチアプリで色味を調整するときや、動画編集アプリでタイムラインを操作するときに効果を発揮する。同様の使い方はマルチタッチディスプレイを搭載しているWindows PCでもできるのだが、全方位的にタッチできるのが災いして、目的とは違ったパラメーターを操作してしまうことがあるのだ。そこでTouch Barの、横軸しかないというメリットが効き、特定のパラメータだけを着実に操作できるのだ。

 また右側にはTouch IDを配置し、指紋認証で「ログイン/ネットショッピング」の決済を行えるようにした。iPhone、iPadで浸透させてきたパスワードを入力させない使い方を、ノートPCでも実現しようというのだろう。

次のページ 
まずは15、13インチモデルのスペックから

1
2
3
4
5
関連記事
6
7