ファストファッションの闇!? BBCがZARAなどの過酷な労働環境を報じる

白石和幸

BBCより

 10月24日、英国BBC放送の『PANORAMA』という番組で、未成年を含むシリア難民がトルコで過酷な労働条件の中で働いていることが明らかにされた。その対象にされたのがマーク・アンド・スペンサー(M&S)、オンラインショップエイソス(ASOS)、ザラ(ZARA)、マンゴー(MANGO)であった。(参照:『BBC』)

 現在、250万から300万人がシリアからトルコで避難生活をしているとされている。番組の中では、未成年の少年4人が大人の中に混じってM&SやASOSのブランド製品を生産している工場で働いている姿や、ZARAやMANGOブランドのジーンズを漂白するのに危険な化学薬品を前垂れも身に着けることなく作業しているシリア移民労働者の姿が報道された。しかも、12時間の労働を強いられているとしている。もちろん、厳しい生活環境の中でシリア難民がトルコで労働許可証を取得して働いていることはまずあり得ない。

 この報道に対して、対象になった会社側ではそれを「知らなかった」と回答するか、「労働規定を守るように要求しているが実行されていない」といった判で押したような回答があるだけであるとBBCは報じている。

 世界の6000社余りの労働環境などを調査しているロンドンのビジネス・人権資料センターのダニエル・マックミュラン氏は、同番組内で<今回のようなブランドメーカーが責任感をもって取り組んでいない>と指摘している。

次のページ 
インディテックス側はいち早く反論

1
2
3
4
5
関連記事
6
7