三井不動産が「再生医療」!? 不動産トップが目指すもの

丹羽唯一朗

日本橋三井タワー photo by Angaurits at English Wikipedia(CC BY-SA 3.0)

 10月24日、日本再生医療学会、再生医療イノベーションフォーラム、ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(以下LINK-J)の3者が主催し、「第1回再生医療産学官連携シンポジウム」が開催された。

 上記3番目のLINK-Jという一般社団法人は、三井不動産とアカデミア有志が中心となって設立されたものである。

 三井不動産が中心となって設立されたことに違和感を持つ読者もいるかもしれない。不動産会社が再生医療? もちろん、三井不動産が再生医療の研究をするわけではない。しかし、三井不動産は、不動産会社としてハコだけを提供するだけでもない。

 三井不動産は、事業内容のひとつに「ベンチャー共創」を挙げている。(参照:『三井不動産』) 同社は<街づくりで築きあげた幅広いノウハウやネットワークを、ベンチャー企業とともに事業を創る力へ>変えていきたいとしている。すでに「ベンチャー共創」事業として「31 VENTURES」が立ち上げられている。

次のページ 
「箱貸し」から「共創の場」提供へ

1
2
3
4
5
関連記事
6
7