狙えインバウンド。日本のスノーリゾートが秘める潜在的可能性

丹羽唯一朗

hoshi / PIXTA(ピクスタ)

 1987年11月、原田知世主演の『私をスキーに連れてって』が公開された。

 総合商社「安宅物産株式会社」に勤める矢野文男(三上博史)は、高校時代からのスキー仲間と滑走中、雪に埋もれてもがいている池上優(原田知世)を見つけ、助け出した瞬間、文男は優に一目惚れし始まった……。実に80年代に溢れたキーワードに満ちた恋愛映画であった。『私をスキーに連れてって』の映画公開から、日本ではスキーブームがピークを迎えた。しかし、1990年の日本経済のバブルとその後のバブル崩壊に歩調を合わせるかのように、スキーブームもまた、日本経済のバブル崩壊とともに崩壊していったのだ。

 国土交通省観光庁の「スノーリゾート地域の現状」(※pdf)では、各種統計をもとに次のように書かれている。

「レジャー白書2013」(公財 日本生産性本部)によると、スキー・スノーボード人口は、1998年に1800万人に達したが、その後は減少傾向で推移し、2013年ではスキー・スノーボード合計で770万人と、ピーク時の4割強まで減少、「スポーツに関する世論調査」、「体力・スポーツ世論調査」によると、スキーの実施率は1994年の10.9%をピークに、減少傾向となり、2013年は5.9%となった。

 では、日本のスノースポーツ市場に将来性はないのかというと、そうではないと思う。

次のページ 
可能性を秘める日本のスノーリゾート

1
2
3
4
4
5
関連記事
6
7