人気スポーツになったが実力不足!? タイのサッカー、進化を阻む要因とは?

タイ人サポーターたちが掲げたタイ代表の巨大フラッグ

小倉:「タイ代表はこれまで分析や練習を詰めてやらなかったし、細かいところに落とし込んできていない。つまり、積み上げることをしてこなかった。これはサッカーに限らず、タイ人全般的に苦手な分野だ。また、タイ・サッカーの運営側のトップが変わって計画のすべてがゼロにされる可能性もある。これまでも積み上がってこなかったから、そこまで変われるのか疑問が残る。政治を見る限りでもコロコロ変わる。だから、タイ代表はまだ様子見の時期でしょう」 浜崎:「ある程度レベルは上がるが、それはほかの国も同じ。言い方が合っているかどうかは別として、今のままでは日本に追いつくということはかなり厳しいと思う」  お二方が指摘する通り、タイは利権など水面下でかなり熾烈な争いが起こる。実はタイ・リーグ(正式にはプレミアリーグ・タイランド)というリーグ名称は2016年からのことで、それ以前はタイ・プレミアリーグ(TPL)と呼ばれていた。しかし、TPLの会長が運営を同名で会社化してしまい、その上、問題を起こして5年間の追放を受けてしまう。今年は新会長の下で新たにリーグが始まったわけだが、TPLと呼ぶことができなくなってしまい、苦肉の策で単語を入れ替えることでPLTとなったのだ。  このようにトップが入れ替わるだけの単純な出来事であっても、すべてがひっくり返されてしまうのがタイなのだ。これはサッカーに限らずすべてのことに当てはまるのではあるが……。
次のページ 
プロリーグの充実が選手の成長を妨げた!?
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right