エキナカ狭小店舗で「リアル×ネット」の融合を目指す!? アシックスが品川に小さな旗艦店を出したワケ

 よく京急線を利用する人は、京急品川駅のホームに突如「ASICS」の大きなロゴが登場したことに気付いたのではないだろうか。

 このロゴの正体は、8月9日に開設されたばかりのアシックスジャパン直営店舗「アシックスステーションストア品川」の看板。京急品川駅2・3番線ホームのスープ専門店「Soup Stock Tokyo」跡地に出店したもので、店舗面積は僅か45.54平方メートルしかない。

 なぜ、アシックスはこのような「狭小店舗」を出店したのだろうか? それには理由があった。

アシックスステーションストア品川。京急品川駅ホーム上への出店だ

ワンテーマの「期間限定商品」で“目を惹く店舗”に

 アシックスステーションストア品川は、通常の直営店とは異なり「イベント性を重視した売場」を特徴とする。店舗では常に「1つのテーマ」に沿ったかたちでスポーツの魅力を発信していくという。

リオデシャネイロオリンピック公式グッズが販売される店内。全ての商品が期間限定販売となる

 例えば、開店した8月は、店舗正面では「リオデジャネイロ五輪」の日本代表選手団公式スポーツウェアのレプリカ商品や応援グッズを展開。9月は「パラリンピック」関連のグッズを展開するなど、常に「旬の商品」を取り揃え、今後も月ごとに、その月のテーマに沿って変化する商品展開を行っていくことになる。

次のページ 
狭小店舗からECサイトへの誘導目指す

1
2
3
4
5
関連記事
6
7