戦後60年を過ぎ国内外で1500回以上の演奏会を重ねる「被爆ピアノ」

人は何歳になっても変われる

201年、ニューヨークでの被爆ピアノ演奏会に参加した矢川さん

 矢川さんは肩書きや年齢、国籍などで人を判断してはいけないことを、この16年間で嫌というほど学んできたのだ。 「核兵器の被害を世界で唯一受けた国のピアノだからこそ、被爆ピアノは世界に強い説得力をもってアピールできる『日本の宝物』なんですよ」(矢川さん)  矢川さんが被爆ピアノと出合ったのは48歳のとき。一方、彼の著書『海をわたる被爆ピアノ』を読み、地元の香川県で演奏会を実現させた女子中学生や、80歳目前で難病発症がわかって矢川さんにピアノを寄贈し、人生をより前向きなものに変えた、広島県在住の男性被爆者もいる。  きっかけさえつかめば、人は何歳になっても変われる――希望が見出しづらい今、その事実に励まされる人はきっといるはずだ。 <取材・文/荒川龍>
1
2
3
世の中への扉 海をわたる被爆ピアノ

ピアノと調律師との、奇跡的な出会い。

PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right